Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 0歳
  4. 「ゲーム早くやめなさい!」言わなくて済む方法はある!?【ママたちの体験談】

「ゲーム早くやめなさい!」言わなくて済む方法はある!?【ママたちの体験談】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小さな男の子が妹に対してモバイル ゲームをプレイ
Rawpixel/gettyimages

「早くやめなさい!」
「いつまでやってるの~!」
この子どもへのセリフ、どんな時に使いますか?
そうです、ゲームをなかなかやめない時のセリフ。
ゲームデビューした子どもを持つママなら、一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?
口コミサイト『ウィメンズパーク』の会員に「子どもにスマホ、ゲームなどの情報端末持たせてる?」というアンケートを実施したところ、

1位 持たせていない           69.0%
2位 持たせている            31.0%
※口コミサイト「ウィメンズパーク」会員4040名回答。2015年6月実施。複数回答。

未就学児では、まだ少数ですが、幼稚園に入る頃になるとゲームを持ち始めるお友だちも多くなり、小学校に入るとかなりの割合で持ち始めるようです。
ママやパパは持たせたくないと感じている場合でも「ゲームを持っていないとお友だちの仲間に入れてもらえない」「塾に通うようになり連絡手段として携帯を持たせている」といった声も。

そこで、勃発するのが「ゲーム早くやめなさい」バトル。
どんなルールを決めれば、けじめを持って遊べるでしょうか?
口コミサイト『ウィメンズパーク』で、わが家のゲームルールをリサーチしてみました。

時間オーバーは3日ゲーム不可

「帰宅後、片付けとドリル1枚が終わったら最大60分までゲームOK。ただし、キッチンタイマーで計り、守れなかったら3日間ゲーム不可。それと、視力検査でBだったので、手持ち不可でテレビでやること」

「もうちょっと」は容赦しません

「6歳の男の子です。時計はまだ読めないので『長い針が8までだよ』と30分を目処にさせてます。当初はやはりなかなか止められず『もうちょっと』と、言っては約束を守れませんでした。なので、時間過ぎてやったら1週間ゲーム禁止。これが堪えたのか、守るようになりました」

泣こうが叫ぼうがゲームなし!

「6歳の娘には、ゲームをやるには、手洗いうがい、翌日の保育園の支度、お風呂、ドリル30分、歯磨きをすべて終えてから1時間程やらせます。一つでも終えてないとその日はゲームなし。泣こうが叫ぼうがなし! 20時の就寝がきたら1時間に満たなくてもおしまい! 厳しいかもしれませんが、ゲームをしたくてサクサクやるべきことをやるので、ゲームもある意味悪くないかな」

みまもりスイッチでプレイ時間を把握

「うちの子たちは一人持ち時間30分。兄弟でバトルしても30分で終わり。終われなければ翌日減らします。みまもりスイッチで全部把握してるので、ごまかしはきかないと脅してます」

時間が過ぎると中断するアプリ

「ゲームってキリが良くないとセーブ出来なかったりして、そこがママと『もう時間過ぎてるよ!!』と揉めるところ。だから、時間管理ができるニンテンドーswitchの時間が過ぎると中断できるアプリを使っています」

18時までなら何時間でもOK

「わが家はゆるゆるです。18時までならフリータイムでやりたい放題。学校のテストが悪かったり、部屋が汚かったりが続くと1週間ほどゲームを没収したりはしますが。『作成ゲーム』なら、ある意味、プログラミングの勉強になってるかしら、空間認識能力が養われているかなと信じ、あたたかい目で見ています。何分ではなく、何時までの方が子どもは受け入れやすいかも」

ママは怒ると怖い! 淡々と実力行使

「時間を守れないなら『じゃ、消します』と、静かにテレビを切るか、ゲーム機とりあげ。大声で叱らなくても、いざとなったら実力行使に出るのがわかっているので、それなりに効き目があり。実力行使の際は、“怖い顔 丁寧な口調 低い声”が効果的」

ゲームで満足させてから宿題に変更

「小6娘と小2息子がいます。平日は30分を2回。学校から帰ると休憩がてら1回目のゲーム、2回目は宿題をやってからと決めています。最初は宿題やってから1時間ゲームとしていましたが、下校後ひと休みしたいとの要望があり、おやつとゲームで欲求をある程度満たしてから宿題をやるという形に落ち着きました」

よそはよそ、うちはうち!

「高学年の子どもがいます。ゲームは1日30分。とにかく、宿題をやってからゲームをしなさいと、ずっと言い続けています。『うちは少な過ぎる!』と、不満はあるようだけれど『よそはよそ、うちはうち』でブレないことが大切ですよね」

ゲーム障害の怖さを説明

「ルールが厳しければ文句が出るのは想定内。でも、うちはゲーム障害等の恐ろしさを懇懇と説明して『あなたが大事だから厳しく言うのよ。どうでも良かったら好きなだけやらせて放っておくわ。よその家が羨ましいならよその子になんなさい』と言いました。まだ親の目が届くうちにある程度厳しくしておかないと、スマホを持つ年齢になった時にいきなり厳しくしても反発されるだけだと思います。スマホでのルール作りはゲームの比じゃないですから。最初に厳しくしておいて、状況を見て徐々に緩くしていった方が受け入れやすくなるんじゃないかな」

厳しく制限すればするほど、やりたい欲求が募りそうですが、ゲーム依存症や視力の低下の心配などなど、ゲーム時間はある程度親が管理しなければならないのかもしれません。
小さい頃なら「やることやったら」と、親の言うことを素直に聞きますが、小学校高学年くらいになるとバトルになることもしばしば。ある程度の年齢になったら、お互いにストレスなく守れるルールを話し合えるのが理想的なのかもしれませんね。

(文・井上裕紀子)

※文中のコメントは、『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
「こんなこと、先生に相談していい?」みんなは保育園の先生とどう接している?

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。