SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 日記・マンガ
  4. てとまま
  5. 毎日ものすごーく苦労していた息子の昼寝。ある理由で、私の密かな楽しみの時間に !【トラブルだらけのハチャメチャ育児レポ#3】

毎日ものすごーく苦労していた息子の昼寝。ある理由で、私の密かな楽しみの時間に !【トラブルだらけのハチャメチャ育児レポ#3】

更新

こんにちは!てとままと申します。

現在男の子2人のママをしています。

 
私は2017年6月に長男、2019年1月に次男を出産しました。

長男出産後新生児黄疸や低体重により産婦人科から小児科に移動し、約2週間の入院期間を経てやっとこさ退院できた私たち親子。

 
繊細で敏感な赤ちゃんである長男の育児に時には悩み泣き毎日奮闘していました。

ここでは長男が赤ちゃん時代に育児の中で悩んだことや困っていたことなどを中心に書いていきたいと思っています。


第3話は、抱っこひもをフル活用してお昼寝をさせていた時のお話です。


抱っこひもを使うことで苦戦していた昼寝の寝かしつけが格段に楽になりました。

昼寝の時間が近くなると抱っこひもに入れて散歩や買い物に出掛けて、帰る頃には寝てくれている。
 

なんて素晴らしいものなんだ!!と抱っこひものありがたみを感じていましたが、ここからが問題。

 

降ろせばすぐに起きる。

座ると足が床につき起きる。

いすに座って足が浮いていても起きる。


つまり立ってないと起きる。


今思えばそこまで昼寝をさせることに固執しなくてもよかった気はしますが、この頃の私は長男の泣き声を聞くことに疲れていて、とにかく昼寝をある程度させて、機嫌が良い時間を少しでも作りたいということで頭がいっぱいでした。

 
昼寝の間の2時間程度。

立った状態で何をすべきか。

 
そうだ。パンを作ろう。


正直家事を進めたいところでしたが、音を立てると起きてしまうため静かにできることを考えて、パンを作ってみることにしました。

結果、ちょうどよく時間はつぶせるけど、買ったパンの方がおいしい。


数回パンを作った後、材料がつきたことをきっかけにインスタで育児漫画を描いてみようと思い立ち、昼寝の時間は育児漫画を描く時間にあてることにしました。


昼寝=自分の時間。


今まで苦労していた昼寝が抱っこひものおかげで少し楽しみになっていました。

【てとまま】

九州在住の兼業主婦。

2017年6月に長男、2019年1月に次男を出産し、日々育児に奮闘しています。

Instagram にて息子達とドSな旦那との日常をかいています。

てとままの【トラブルだらけのハチャメチャレポ】今までのお話はこちら>

■おすすめ記事
さらにつっこみが止まらない育児日記

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。