Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. これで楽勝!ママたちに聞く「お弁当のウラ技」

これで楽勝!ママたちに聞く「お弁当のウラ技」

TatayaKudo/gettyimages

●【4月10日はお弁当始めの日】お弁当用の冷凍食品がよく売れる!

冷凍食品などで知られるニチレイフーズが申請し、4月10日に制定された記念日が「お弁当始めの日」です。2017年に認定されたばかりのできて間もないこの記念日、ニチレイフーズの調査で、お弁当の食卓出現頻度や冷凍食品のお弁当カテゴリーの売上が1年で最も高くなるのが4月10日前後という結果に由来しています。
さらに「弁当」の「弁」という字が数字の「4」に似ていること、「弁当」の「当」=「10」と語呂合わせがいいことも理由になっているそうです。

お弁当メニュー、実はあれこれ凝る必要ナシ!?

お弁当づくりで忙しいママはいますか?子どもが食べやすくて、傷みにくく、ママもつくるのが負担にならないお弁当を目指したいところですが、簡単ではなく……。
口コミサイト『ウィメンズパーク』の先輩ママたちにお弁当づくりに役立つ情報を教わりました。

まずお弁当というと「毎日入れるものを考えるのが面倒!」となりがちですが、これには目からウロコなコメントが。

「年少さんは特にですが、まずは食べられるものを食べられる量だけでいいと思います。嫌がらなかったら毎日同じでも大丈夫」

「好きなもののローテーションでいいんですよ。毎日同じ、絶対食べれるという安心感が必要な子もいます。うちは年少のころ、一口サイズおにぎり3個、から揚げ、キュウリの浅漬。これで時間内に食べ終わることができました」


デコ弁、キャラ弁など「顔をつける」お弁当についても意外な意見が。

「ひと口サイズのおにぎりに、海苔パンチで顔を乗せるのは年少さんのころやりました。海苔の置き方で表情が変わるので面白がってましたよ」

「うちの子は顔があると食べられないらしく、今年小1になって、はじめて遠足のおにぎりに、ハートの海苔をのせた程度です」


なんと「顔がついた」お弁当が苦手という子もいるんですね!
これを入れると「ウケる!」「便利!」というおすすめアイテムも教えてもらいました。

「シュウマイとか顔のスマイルポテトとか冷凍ハンバーグ。キャンディチーズとかソーセージも入れてました」

「冷食は夏場は保冷剤代わりに入れてます。冷凍のグラタンや枝豆とか便利ですよね。自分で開けれるならゼリーもありです」


時短になりそうなお弁当用おかずレシピはいかがでしょう。

「卵焼きは、小さなタッパーに卵を割って、ほんの少し水とだしの素、小さじ1のお砂糖でレンジでチンして作っています(^_^;) これで、15分で作れちゃいます」

「ハンバーグを作ったら、焼いたものをラップにくるんで冷凍。ハヤシライスを作ったらお肉を除いてソース・玉ねぎ・マッシュルームの部分を大さじ1程度小分けて冷凍。ハンバーグとハヤシライスソースをレンジで温めるとハンバーグ弁当の完成!」

子どもは「同じものを喜ぶ」というのは衝撃&納得。お弁当の中身も無理せず簡単なものでいいんですね。
(文・古川はる香)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。
※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
「財布の小銭を使い切った瞬間」「子どもの頭をクンクン」私の“超”小さな幸せ

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。