Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ファッションエディター小脇美里に聞く家事テク。「家事には投資が大事」

ファッションエディター小脇美里に聞く家事テク。「家事には投資が大事」

ライフスタイリスト、ファッションエディター、収納アドバイザー、ブランドディレクターなど、幅広く活躍する小脇美里さん。5才と0才の2人のお子さんを育てながら、普段はほぼワンオペで家事・育児をこなしているそう。
多忙な小脇さんに、どうやって毎日の家事を回しているのかを聞くと、「家事は重労働だからこそ、しっかり投資して、使える便利アイテムはすべて使う!」との答えが…。
「ひよこクラブ」が、家事を効率よくするために使っているアイテムや、生活を回すコツなどを小脇さんに聞きました。

家事こそ効率化!そのためには便利家電に投資をすることも必要です

――ワンオペ育児で子ども2人を育てながら、仕事も多忙な小脇さん。毎日の家事で工夫していることはありますか?

小脇さん(以下敬称略) 毎日の家事って本当に大変で重労働で、スキルが必要なこと。家事って当たり前のことのように捉えられがちですが、立派な仕事だと思うんです。だって家事代行を頼んだら平均1時間2000円〜が相場。
だからこそ、私は「家事=仕事」と考えています。仕事と考えるのであれば、便利家電も先行投資のひとつ。少し高いかもしれないけど、それで家事をする人の負担が減るなら買ったほうがいいと思います。だって、仕事でパソコンが必要なのに買わない…なんて選択肢はなかなかないですよね。
だから仕事をしている・していないに関係なく、一度、“家事”というものをどうしたら効率的にできるのか考えてみてほしいなと思います。便利家電を買うのもひとつの選択肢だし、家電を買わないまでも一度家事の見直しをするだけでこれはムダだなとか、これはこうしたら時短できそうだなとか…いろいろと改善できるはずです。
それぞれの家庭の状況や考え方もあるとは思うのですが、大変なことだからこそ、家事を主にやる人が自分で考えて、納得ができる方法を見つけるのがいいのではないでしょうか。
私の場合、何ごともきっちりやりたい性格で、手抜きが必要とわかっていても、なかなか妥協ができないんです。部屋が汚れているのも、洗いものがたまっているのも気になってしまって。でも、全部自分でやるのは無理がある…それで、私の場合は便利家電やグッズに頼るのがいちばん自分に合っていることに気づきました。

床掃除はロボット掃除機を3台使い!

――小さいお子さんが2人いると、部屋を掃除するのも大変ですよね。掃除はどうしていますか?

小脇 部屋の掃除は自分ではほとんどしていません。“床拭きロボット ブラーバ”1台と、「ダイソン」のロボット掃除機“ヒューリスト”2台、計3台を愛用しています。“ヒューリスト”は、吸引力がいいところがお気に入り。なぜ2台かというと、外出中に一度で全室の掃除を済ませたいのですが、1台だと充電がもたないので…。朝、保育園に行くときに2台のスイッチを入れて家を出ると、帰宅後は全室きれいになっています。“ブラーバ”は音がすごく静か。夜、子どもが寝てからでも使えて便利なんです。

買い物は「オイシックス」などの宅配やネットスーパーで

――毎日の食事はどうしていますか?調理の手抜きテクなどがあれば教えてください。

小脇 平日、子連れで買い物に行くのは大変なので、週1回「オイシックス」、3〜4日に1回ネットスーパーを利用しています。食材が届いた日に、肉類は半調理。調味料に漬け込んでジッパーつき保存袋に入れて、冷蔵庫や冷凍庫へ。
いっとき、作り置きにも挑戦したのですが、わが家はできたてを食べたい派だなということに気づいて。半調理だとできたての味が食べられておすすめです。半調理で保存したお肉を焼いて、あとは多めに作っておいた煮ものや野菜たっぷりのスープなどがわが家の定番です。
外食はほとんどしません。食にはなるべくこだわりたいと考えているのと、子連れの外食って親にとっても子どもにとっても制限が多くて疲れちゃうなぁと感じることもあって。
そのぶん、家でミールキットなどを使うことも。「オイシックス」のミールキットは自粛中の今、お昼ごはんなどに大活躍です。子どもと一緒に作れるので、食育にも役立っています。とくに“PURPLE CAROTT”のヴィーガン用のミールキットがお気に入り。オイシックスは、有機素材など安心安全の素材が多いので小さな子どもがいるわが家にはぴったりだなと思っています。スマホで注文できるので、牛乳や卵など、必ず買うもの登録しておき、必要なければ削除して注文できるので、注文に時間がかからないところも魅力です。

食材をしっかり選ぶことも時短のポイント

――食にはこだわっているということが伝わってきました。

小脇 あとは旬の食材を選ぶことも時短のポイント。旬の野菜ならせいろで蒸して、ちょっといいお塩をつけるだけでとってもおいしいんです。野菜は、信頼している農家さんから直送してもらっています。お気に入りは「SYOKU-YABO農園」と「キラ星農園」。完全無農薬で作られているので、たまに届いた野菜に小さな虫がついていたりもして(笑)。息子はここの野菜が大好きで、調味料をつけずにそのままかじりついています。それくらい甘くておいしいんです。おいしくて安心な野菜を宅配で届けてもらえるのは、本当にありがたいです。

調味料にこだわると、簡単な料理でもおいしい!

――調味料などにもこだわっていますか? お気に入りの調味料などはありますか?

小脇 はい。調味料にこだわると、簡単なお料理でも格段においしくなるので、時短になると感じています。「ナナデコール」で買える“満月のお塩”、「エレオン オーガニック」のオリーブオイル、ナチュラルハウスで買える「BROWN SUGAR 1ST.」のココナッツシュガーがとくにお気に入りです。

家事は即時処理が大事!ためないほうがスムーズに

――食事のあとの片づけはどうしていますか? お子さんがいるとすぐにできないときもありませんか?

小脇 家事は“即時処理”が大事だと思っています。何ごとも“ためない”が大事。食器もためてしまうから、面倒くさいなぁ〜となってしまうので、食べ終わったらすぐそのままキッチンにいきサッと流す!そうすればすぐに汚れも落ちます。汚れを流したら、そのまますぐに食洗機へ。そうすることで、寝る前には食器洗いは終わっています。あとは乾燥している食器を軽くふいて、元の場所に戻すだけ。食器洗いの時間は5〜10分以内で終わります。食器選びも、食洗機対応なのかを見てから買うようになりました。

洗濯はためずに朝晩2回。乾燥は浴室乾燥をメインに

――ためないで、すぐやるのがポイントなんですね。洗濯もそうですか?

小脇 子どもが2人いるとすぐ汚れて着替えるので、洗濯物はどうしても多くなってしまいます。なので、洗濯は朝晩の2回しています。子どもはたくさん汗をかくので、ためると汗のにおいが気になるし、朝に大量の洗濯を干すのは大変。なので、おふろに入ったら一度洗濯を回して、食後に干すのをルーティーン化しています。朝は遅く帰ってきたパパの洋服や、子どもたちのパジャマ、寝具などを洗います。朝はそこまで量が多くないのでバタバタしているときでも負担になりません。そして一度にたくさんするより干すのがラクな気がします。夜は浴室に干して浴室乾燥機を利用しています。

夕食後はちょうど娘のぐずぐずタイムなので、おんぶしながら干しています(笑)。浴室乾燥は、浴室のジメジメ対策にもなって一石二鳥。ちなみに、浴室は、入居時ににおいやカビの抑制ができる光触媒コーティングをしてもらっているので、夜、パパが最後におふろに入ったあとにサッと流してもらうだけでOK。光触媒のコーティングは掃除がラクになるので部屋も全部してもらっています。本当におすすめですよ。

洗濯がラクになる洗濯剤「MAGURIN(マグりん)」がおすすめ

――洗濯をラクにしてくれるおすすめアイテムはありますか?

小脇 洗濯剤は天然素材のマグネシウムの力で汚れを落とす“MAGURIN(マグりん)”をプロデュースしているので、自分でも使っていますが、これ、すごくおすすめです。繰り返し300回使えて、スッキリ汚れやにおいが落ちるんです。何より、洗剤を入れる手間がないので、とてもラクだし経済的。そして柔軟剤を入れなくてもふんわり仕上がるんです。オーガニックコットン素材などにも適していて、肌にもやさししいので赤ちゃんにも安心です。さらに流す水も環境にやさしい! 毎日できるサスティナブルなので、SDGsの観点からしてもとても素晴らしいなと思っています。

トイレ掃除は流すたびに洗える「スクランビングバブル」で

――トイレ掃除も毎日やる派ですか?

小脇 トイレ掃除は、水を流すたびに洗浄ができる「スクラビングバブル」の“トイレスタンプ”におまかせ。便器にスタンプをポンとおしておくと、水を流すたびに掃除ができるので便利。汚れが気になったときにだけ、「スクランビングバブル」の“流せるトイレブラシ”でこすり洗いします。個人的には、トイレブラシを置くのが好きではないので、これはとても便利です。

おしっこの飛び散りには、次亜塩素酸スプレーが◎

――お子さんが汚すことなどはないですか?

小脇 時々息子のおしっこが飛び散ってしまうことがあるので(笑)、気になったときに「FEFE BABY」の次亜塩素酸スプレーで床や壁をふいています。ママ友の髙橋ユウちゃんからおすすめしてもらって愛用しています。

朝時間は大事なので、メイクは時短。そのぶん、スキンケアは高くても投資!

――家事以外に、生活をうまく回すために気をつけていることはありますか?

小脇 仕事と育児を両立するうえで、朝のしたくがスムーズにできるかどうかがとても重要! 持って行くものは前の晩に完璧に準備。朝のメイクもなるべく時短できるように、いつも使うものを決めていて、メイク自体はかなり薄くなりました。使うメイク道具も最小限に。そのためにも、肌の土台は大事だと思い、普段のスキンケアは「投資」をしています。36才を超えた今、スキンケアに投資すると肌が変わるなぁと実感中(笑)。疲れてみせないためにもツヤのある肌をめざしています!

普段使っているのは、「シャンソン化粧品」の“セラム ルタン”と“クレーム ルタン”、「辻クリニック」で購入できる水素クリーム。この3点は、私の中で最強の3セット。これを使い始めてから肌が変わりました。あと、通っている美容室「カッターズ」のオリジナルヘアオイルもマスト。朝のヘアスタイリングは、これをつけるだけ。しかもオイルはオーガニック素材でそのまま肌につけてもいいのでヘアケア後に手を洗う手間も省けて時短になります。

子どもたちが寝たあとに、ちょっと高いシートマスクでスペシャルケアも

――スキンケアは投資と考えるんですね~。ほかに、美容で気をつけていることはありますか?

小脇 今はエステなどに行く時間も、もちろんありません。でも産後の肌は本当に乾燥もひどいし、疲れ気味。なので、肌に栄養を!と思い、シートマスクをよく使います。最近は、コスメキッチンで買える、「to/one×FEMMU」のシートマスクがお気に入り。「子どもを寝かしつけたあとにシートマスクをするぞ!」と思っていると、寝落ち防止にもなります(笑)。ちょっと高めのシートマスクは、エステに行ったくらいの効果を実感できるので、たくさん集めています。

お話・写真/小脇美里さん 取材・文/上野ユキ、ひよこクラブ編集部

小脇さんに家事効率テクを教えてもらいました。「大変な重労働だからこそ投資する」という言葉が印象的でした。取り入れられるものは参考にして、自分の納得のいく効率化を考えてみてくださいね。


小脇美里さん(こわきみさと)
Profile
アパレルプレス&デザイナーを経て、ファッションエディターに。2015年に第1子、2019年に第2子を出産。産後は整理収納アドバイザーやさまざまな商品企画のプロデュースなど多岐にわたり活躍。2019年の経済部門ベストマザー賞も受賞。

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。