Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 【3・4歳】興味をもったときが始めどき! ひらがなを読むチカラはきっかけが大切

【3・4歳】興味をもったときが始めどき! ひらがなを読むチカラはきっかけが大切

絵本を読む母と娘
※写真はイメージです
maruco/gettyimages

年少さんになると、ひらがなの読みなどに個人差が出始めます。しかし、あせって無理に教え込むのは考えもの。子どもが興味をもったときに環境を整えてあげると、ひらがなはぐんぐん読めるようになります。

3歳児ママの体験談に見る!“ひらがなの教えどき”とは!? 

年少さんになると、ひらがなに興味を持つ子が増えていきます。3歳の子をもつママからは、次のような声も聞かれます。

●うちの子は最近、ひらがなに興味津々。でも読めないため、たとえば「とってもおいしくて食べやすい」と書いてある袋を指さして「こぼさないように食べましょうって書いてあるよ~」と言ったりします。そろそろ、ひらがなの読み方を教えようかなと思っています。

●息子は、最近ひらがなが少し読めるようになりました。でも読めない字がまだ多くて…。絵本を見ると、絵を見てオリジナルストーリーを作っています。これってひらがなの教えどきなのかな!?

体験談でもあるように、年少さんになると、今までひらがなに興味を示さなかった子が、急にひらがなに興味を示すようになります。そうした子どものサインを見逃さないで! ひらがなは、興味をもったときが教えどきです。

1人で楽しくひらがなに触れる時間が、読むチカラをぐんぐん伸ばす

「うちの子まだひらがなに興味を示さなくて…」「読めるひらがなが、なかなか増えない」と悩んでいるママやパパもいると思います。そんなときは、ひらがなに楽しく触れられるきっかけを作ってあげませんか。

<こどもちゃれんじほっぷ>は、エデュトイ「ひらがなパソコン」を使って、年少さんの読みを応援! 「ねこの“ね”はどこかな?」などの文字探しや、「好きなおやつは何かな?」などの質問遊びなどを通して、読むチカラを伸ばしていきます。
またオリジナルかるたで、46文字のひらがな読みに挑戦! 「ひらがなパソコン」が「“な”しはおいしい 秋のくだもの」など読んでくれるので、1人で遊びながら自然と読める文字が増えていきます。

さらに詳しい情報は<こどもちゃれんじほっぷ>をチェックしてみて。

「ひらがなパソコン」が届く<こどもちゃれんじほっぷ>秋の特大号は、ただ今受付中です。


年少さんがひらがなを覚えるには、時間をかけて繰り返し、ひらがなに触れることが大切! しかし「忙しくて教えてあげる時間がない」と悩むママやパパは少なくありません。<こどもちゃれんじほっぷ>の「ひらがなパソコン」は音声ナビゲートつきだから、ママやパパが教えなくても、子ども1人で取り組めます。「自分のチカラで読める文字が増えた!」という経験は、年中さんに向けての大きな自信につながるはずです。

取材・文/麻生珠恵
取材協力/こどもちゃれんじ

※文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿からの抜粋です

■おすすめ記事
3・4歳コース〈ほっぷ〉/ひらがなLP

赤ちゃん・育児

更新

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。