Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 冬前、いま、自宅にマスク在庫は何枚ある? 300枚、800枚という人も

冬前、いま、自宅にマスク在庫は何枚ある? 300枚、800枚という人も

Sergio Yoneda/gettyimages

マスクが安定的に店頭に並び、国産も適正価格で買えるようになりました。しかしインフルエンザ流行の季節に突入し、さらに花粉症の季節が続くとあって「マスクの在庫は足りるだろうか」と、ママたちの間でモヤモヤな気持ちが生まれているようです。口コミサイト「ウィメンズパーク」に届いた「我が家のマスクの在庫数」で、驚きの数字がわかりました。

300枚以上は当たり前。御守り代わりにという声が続々。

「全国マスク工業会のマーク入りが200枚、コロナ禍の前にコストコで買った100枚の合計300枚の在庫があります。重度の花粉症なので品質重視で選んでいます」

「3人家族で3ヶ月分として約300枚の在庫があります。品薄のときは日々、マスクを買えるだろうかとストレスマックスだったので、ようやく安心できる数字を在庫できました」

「夫婦ふたり暮らしで約300枚。マスク不足の再来が怖くて、不織布マスクの洗濯が習慣化しています」

在庫300枚前後が平均的な数字のようです。そして300枚とほぼ同じレベルで多かったのが在庫500枚以上という声です。なかには2000枚以上という猛者も。

「子どもと夫がひどい花粉症なので、今大量に買い込んでいます。500枚はあるかな」

「家族3人で500枚以上。もともと冬はインフルエンザ予防対策で外出時はマスク装着が我が家のルールだったし、夫と子どもは花粉症。冬から春にかけてはマスクを大量にストックしていました。今は夫婦で在宅勤務ですが出勤数が増えており、この在庫数では安心できず、全国マスク工業会のマーク入りマスクを見かけると即買いする日々です」

「不織布マスクは普通サイズ、女性用、子ども用とあわせて600枚以上。私と息子はマスク必須の職場なので、コロナ禍前からある程度は在庫していました」

「家族4人で700枚です。今回のマスク品薄期間は4ヶ月だったので、同じような騒動がおこったときを想定して320枚は備蓄予定。残りは新型コロナ用で、余ったら花粉症対策で使い切る予定です」

「不織布マスクは800枚以上。夫婦ともに持病があるので、新型コロナに関係なくある程度は在庫していました。何枚あっても正直不安で、今は近所のスーパーや薬局に行くときは布マスクにして、減るペースを少し緩めました」

「在庫マスクは1000枚以上で普通サイズ、女性用サイズ、子ども用サイズといろいろ揃えています。我が家は夫両親と同居の三世代8人家族。マスクの調達はもっぱら私の役目です。なのに義親が“弟一家に一箱あげたから”と、事後報告されたことが数回あり、正直この枚数でも不安です」

「マスク長者です(笑) 値段が落ち着いた6月から少しずつ買い足して、医療用400枚、国産の普通サイズ700枚以上、昨年の在庫の残りをあわせると合計2000枚以上。散財していると思いますが、何かあったら親しい人たちに箱単位で配れるし、御守り代わりみたいなものです」

大人は再利用、在庫100枚以下など、あれこれな声

「家族3人で300枚。子どもは基本使い捨てですが、私は不織布マスクを手洗いで再利用しています。ちょっとでも節約したいので」

「200枚はあるかな。でも不織布マスクを使っているのは、喘息持ちの子どものみ。親は布マスクでしのいでいます」

「肌荒れがひどくて布マスクしか使えなくなりました。ところが会社が毎月不織布マスクを支給してくれるように。しかも家庭内感染を防ぐため世帯人数分いただけてありがたいのですが、不織布マスクの山積みを眺めながら、使い切るのに何年もかかりそうな予感です」

「つい最近、冬に備えて買い込んで200枚です。正直、買いすぎたと思っていたので、みなさんの在庫枚数を聞いてびっくり。もう少し増やそうかな」

「コロナ禍前にストックしておいた200枚が残っています。洗って再利用しており、あまり減りません。当分は買わない予定」

「調べたら150枚ありました。最近は主に布マスクなのでほとんど減りません」

「150枚です。職場は布マスクOKだし、子どもはオンライン授業、夫の出社も週2回程度なので、しばらくは大丈夫そう」

「100枚もない。品薄状態は脱したし、また自粛になっても子どもはオンライン授業、親は揃って在宅勤務になり、外出が減るから洗えるマスクで乗り切ろうかと。甘いかな?」

「100枚以下です。コロナ禍前、マスクの主な利用目的は子どもの給食用で、1箱使い切るのに数年かかりました。今も布マスクを使っているので足りないという感覚はゼロ」

100枚以下の声もそこそこあり、同意を示すハートマークは多かったです。ただ、昨年のマスク品薄時期は花粉症の時期と重なり、さらに職業的にマスク必需品だった人にとってはトラウマとななる気持ちはよーくわかります。

「普段は布マスクです。でも災害時は布マスクの洗濯は難しいと思うので、不織布マスク200枚もちゃんと在庫しています」

確かに避難所暮らしではマスク着用は必須。安く買える今、他のかたに迷惑にもなりませんし、少しずつ買い置きするのがベターなのかもしれません。

文/和兎 尊美

■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。

■おすすめ記事
保険に入りたいけどなかなか店舗にいく時間がない!ダイレクト型って大丈夫なの?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。