SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. こんなはずじゃなかった! 子育ての理想と現実

こんなはずじゃなかった! 子育ての理想と現実

CREATISTA/gettyimages
※写真はイメージです
CREATISTA/gettyimages

●11月2日は「ペア活の日」

ワコールが、大切な人と大切な時間を二人で過ごして楽しむ「ペア活」を勧め、そのファッションアイテムを紹介することを目的に11月2日を「ペア活の日」に制定しました。日付は11と2の11を1人+1人と見立て、2でペアとなることから。
夫といまさらペアルックも恥ずかしいけど、パジャマくらいならいいかも。おそろいを身に着けると、愛も深まりそう!?

夢が叶った人、叶わなかった人

今さら夫とペアをしたいとは思わないけれど、子どもが生まれたら子どもとペアルックやリンクコーデに挑戦したいというママの声をたくさん聞きます。子どもとペアルック、幸せ感満載ですよね。

子どもが生まれたら、こんなことしたい、あんなことしたいと夢が広がるものです。
口コミサイト『ウィメンズパーク』で、ママたちの理想と現実を聞いてみました。

「子どもの入学式はピンクのパステルカラーでフレアスカートのスーツを着て出席するのが夢でした。実際は…。すでにアラフォー。パステルカラーは厳しそうです…!」

「芝生でピクニック。お弁当作って“ザ・幸せ家族!”みたいなのに憧れていました。実際は、小さい子どもを外出させる準備だけで疲れて、お弁当作る気力がなく、コンビニ弁当。憧れは憧れで終わりました」

「野球少年の母。野球が好きで男の子が生まれたら、目指すは甲子園! なんて妄想は夢破れ、甲子園どころか現実は娘1人」


理想と現実は差は大きい。妄想している間が楽しいんですよね。
もちろん実際に夢が叶った人も。

「ペアルック。今は、リンクコーデって言うのかな? 娘とお団子ヘアーにしたり、デニム×ボーダーのリンクコーデしたり。めっちゃ楽しみました!」

「田舎育ちの私は、娘と原宿でスイーツ食べたり、ショッピングが夢でした。離婚して実家に帰ろうかと思ったけれど、夢が叶うまで東京で頑張りました!」

「息子の運転する車の助手席に乗ってみたかった。大学生になって『パート先まで迎えに行くよ~』と言ってくれた時は思わずガッツポーズ。迎えの時、待っている息子の車に『お待たせ~』と乗る時にニヤニヤしてしまいます」


うらやましい! 一緒に楽しめたり、お出かけしたり、子どもが小さいうちはもちろん、大きくなっても仲良し親子でいられるのが一番の夢ですよね。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。
※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
あえて選択!わが家が“ひとりっ子”な理由

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。