SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの病気・トラブル
  4. 【生後6ヶ月】ぜんそくの疑いとはどういうこと?【専門家Q&A】

【生後6ヶ月】ぜんそくの疑いとはどういうこと?【専門家Q&A】

※写真はイメージです
robertmandel/gettyimages

「ぜんそくの疑いとはどういうこと?」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

【質問】ぜんそくの疑いとはどういうこと?

生後6ヶ月の息子のママです。
生後3ヶ月前からせき風邪を繰り返しています。先日も、たんのからんだせきが続いていたので小児科を受診したところ、「ぜんそくの疑いがある」と言われました。
日中むせかえるようなせきはありますが、夜中は穏やかに寝ています。
「疑い」ということは症状が軽いということなのでしょうか?
薬を飲めば治るものなのでしょうか?
そもそも「疑い」とはどういうことを指すのでしょうか?教えてください。

【専門家の回答】石戸谷尚子先生(石戸谷小児科院長)

ぜいぜいした咳が長く続くと、ママは心配ですよね。
ぜんそくは気管支が過敏な状態で、ぜいぜいを繰り返します。ただ、ぜんそくは夜寝ているときにひどくなることが多いので、この場合はぜんそくとの診断はできません。
それで先生は「ぜんそくの疑い」と言ったのだと思います。
このまま様子を見ていくことになると思いますが、もし、ぜんそくになったとしても、成長して気管支が発達してくるとほとんどの場合は治ります。
あまり心配しないようにしましょう。

■おすすめ記事
「なんで僕は手がないの…?!」障害に負けず、筋電義手を手に入れた息子が見た世界とは

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。