SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 離乳食
  4. 記念すべき “初めのひと口” を家族でお祝い♪おいしい笑顔を写真に残そう!

記念すべき “初めのひと口” を家族でお祝い♪おいしい笑顔を写真に残そう!

5~6カ月ごろから始まる離乳食での赤ちゃんの“初めのひと口”は10倍がゆ。せっかくなら、食べる楽しさも経験してほしいですよね。だから、ママ・パパも一緒におかゆを食べてお祝いしてみませんか? おいしく食べる笑顔を写真に残せば、成長の記念にもなりますよ。

食べる楽しさも伝えたいから。家族みんなでおかゆパーティー

大人の食事とは別で作ることが多い10倍がゆ。でも、大人も一緒におかゆを食べればきっと楽しい!

離乳食のスタートでは、なめらかにすりつぶしたお米の10倍がゆをスプーンから口に取り込み、飲み込めるようになるのが目的。小さじ1 の量から始めるため、おかゆは大人の食事と別に作ることが多いと思います。しかし、記念すべき最初の “ひと口” だからこそ家族で一緒におかゆを食べてお祝いしませんか? 大人の食事とは別に赤ちゃんだけに食べさせようとすると、初めての体験に赤ちゃんが緊張して食べてくれないことも。パーティースタイルにすれば、赤ちゃんはママやパパの食事の様子を見て楽しさを体感でき、思わずぱくっと食べてくれるかも。記念に赤ちゃんが食べている写真もいっぱい撮りましょう!

大人は炊飯器で炊いたおかゆにサラダチキン、青菜、煮卵などの“おかゆの友”を添えて食べます。赤ちゃんには大人のおかゆをすりつぶし、湯をたしてなめらかにした「10倍がゆ」を与えましょう。

“初めのひと口” に安心をプラス。全国各地のおいしいお米は「JAタウン」で♪

購入はこちら


管理栄養士がアドバイス。離乳食の“初めのひと口”におかゆがいい理由&炊飯器でかんたんおかゆのコツ

1児の母で、管理栄養士・料理研究家の中津川かおり先生に、赤ちゃんの“初めのひと口”におかゆがいい理由を聞きました。炊飯器で炊く大人のおかゆから、赤ちゃんのおかゆへのアレンジ方法も要チェックです。

離乳食の “初めのひと口” におかゆがいい3つの理由

1、消化・吸収しやすくエネルギー源になりやすい
お米の主成分は糖質。糖質は脳や体を動かすエネルギー源として、赤ちゃんの成長にかかせません。米に含まれる糖質は、ゆっくりと消化されるので腹もちがよく、エネルギーが持続しやすいという特長もあります。

2、赤ちゃんに好まれやすい甘めの味
最初のひと口に向くのは、赤ちゃんが慣れ親しんでいる母乳やミルクにも通じるほんのり甘い味といわれています。お米は適度な甘みがあり、食材そのものの味を覚えるのにもぴったりです。

3、お米と合わせていろいろな味を覚えられる
シンプルな味のお米は混ぜがゆなどにして、いろいろな食材を取り入れることでメニューにバリエーションが生まれます。混ぜがゆには、お米のとろみでみじん切りの野菜やひき肉などを食べやすくするメリットも。


おかゆは炊飯器でかんたん!大人のおかゆから赤ちゃんのおかゆを作るコツ

炊飯器のおかゆモードで炊くおかゆは全がゆといって、米1:水5の割合。これは、離乳食の5倍がゆと同じものです。赤ちゃんに食べさせるときは、離乳食の期に応じて水分をたしたり、離乳食に慣れるまではすり鉢ですったりしてあげましょう。

●離乳初期(5~6カ月ごろ)の場合(10倍がゆ)
大人のおかゆ:湯=1:1.5~2
おかゆをなめらかにすりつぶし、湯を加えてよく混ぜる。
プレーンヨーグルト程度のかたさに。

●離乳中期(7~8カ月ごろ)の場合(7倍がゆ)
大人のおかゆ:湯=1:1
おかゆに湯を加えてよく混ぜる。ぽったりとしたかたさに。

赤ちゃんの様子を見て、食べにくそうにしていたら水分量を調整します。よく冷ましてからあげましょう。

初めての10倍がゆに密着!おいしいお顔をパチリ

5カ月になった白琉(はる)くんが初めて10倍がゆを食べる様子を追いました。最初のひと口を食べたときの表情の変化に注目!

1、10倍がゆに興味津々!思わず手が伸びる

テーブルに並んだお皿に興味津々。パパが手にした10倍がゆを見た途端、食べる気満々の様子。思わず器に手が伸びる白琉くん。

2、ママの声かけで大きく「アーン」

ママが「アーン」と言いながら口を開けると、つられて白琉くんもワクワクした様子で、大きく口を開けてくれました。

3、上手にごっくん♪お米の味が気に入ったみたい!?

10倍がゆをごっくんと飲み込んで満足げな白琉くん。初めてでもおいしそうに食べてくれました。甘みのあるお米の味が気に入ったみたい!


白琉くんの “初めのひと口” ママ・パパの感想は?



\「JAタウン」がおかゆパーティーをサポート/
全国のJAから産地直送で旬のおいしいものをお届けするお取り寄せ通販サイト「JAタウン」。全国各地のおいしいお米も購入できます!! 内祝やお祝いのギフトにも◎。

詳しくはこちら



みんなのお顔も見てみたい!「#米好き赤ちゃん」の写真見せて!
「#米好き赤ちゃん」で、お子さんがお米の離乳食を食べている写真をインスタグラム・Twitterに投稿してみませんか? 赤ちゃんのおいしいお顔、びっくり顔、いろいろな表情を共有することで、毎日の離乳食づくりの励みになるといいな…と思っています。


“初めのひと口” と合わせて赤ちゃんと見たい!お米ダンス「ひとつぶ」誕生!

男性2人組アーティスト吉田山田さんの歌うお米の歌「ひとつぶ」に、パパイヤ鈴木さんが振付したダンスのムービーを公開中です。赤ちゃんはテンポのいいリズムを好むので、聴かせてあげてみて。

動画はこちら



JA全農は本楽曲とダンスの発信を通じて、お米やごはん食に親しんでいただく機会を提案し、国産米の消費拡大をめざします。


図書カードが当たるアンケート実施中
アンケートに答えてくれた方の中から抽選で20名様に図書カード(図書カードネットギフト)500円分をプレゼント。ぜひ、あなたの声をお聞かせください。

アンケートはこちら



読者モデル/杉浦リカさん&浩平さん&白琉(はる)くん(5カ月) 
撮影/sono 調理/福島利香 スタイリング/あずままちこ
協力/JA全農

JA全農公式サイトはこちら

赤ちゃん・育児

更新

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。