SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「エロカードって何?」と思ったらIDカード、自分のメモが謎と思った瞬間、みんなの声

「エロカードって何?」と思ったらIDカード、自分のメモが謎と思った瞬間、みんなの声

感嘆符の付いた若い主婦。
metamorworks/gettyimages

加齢なのか疲れているのか、自分の言動に「私、終わってんな」と、思うことありませんか? という声が口コミサイト「ウィメンズパーク」に寄せられました。鬱々とした2020年でしたが、最後は笑って終わりにしたい方におすすめ。ドン引きする方もいるかもしれませんが、でも大丈夫。数年後には「このことだったのか!」と、実感できるはず。さぁ、みんなで今年の笑い納めをしましょう!

自分のしたことなのに、どうしても思い出せない言動編

「冷蔵庫のメモ、私の字で“3回まわす”と書いてあります。
が、何を3回まわすのか分かりません。貼ってもうすぐ1年ですが、謎のまま。私、終わってんな」

「3回まわす、なんでしょう。私も似た経験あります。自分の字で“エロカード”。
数日悩み続けて謎は解けました。“IDカード”でした」

「なんでもかんでも名前が出てこない。ファンタグレープが思い出せなくて、“えーっとなんだっけ、ほら、あれよ、あれ、ぶどうジュース!! じゃなくてファンタぶどう!! 違う違う!! ファンタオレンジだ!”と、叫ぶ私を見て、我が子が“すげー、全部合ってない”と、ポツリ。
終わってるというより、頭がポンコツです」

「朝、鍋のフタを開けたら枝豆が。昨夜茹でたのを忘れて一晩放置。
朝、電子レンジを開けたら肉が。昨夜解凍したのを忘れて一晩放置。
朝、魚焼きグリルを開けたら椎茸が。昨夜焼いたのを忘れて一晩放置。
ほかにもいろいろです。自分のしたことなのに思い出せず。朝、フタを開けるときはドキドキします」


そしてスマホやメガネを置いた場所を思い出せない、という声が多く寄せられました。なかでも強者エピソードです。

「息子に“ママのスマホを充電に繋いで”と、お願いした数分後、あれ? スマホどこやった?と、つぶやいて息子にバカにされました」

「スマホで通話しながら、スマホがない! と、大騒ぎ。そして相手も気がつかない」

「スーパーで子どもを見失いました。探しても探しても見つからなくて、本当に焦って家族に“子どもがいない!”と、叫んだら、冷静に“……そこにいる”と。
抱っこしてました。メガネとスマホの人間バージョンです」

ふと我に返って、どうしてそうなるの? と自分に問いかける行動編

「夫に抱っこされている我が子(乳児)にスタイをつけようとしたのですが、なぜか夫の首に一生懸命つけようとしていました。当然ながらホックが止まらず、我に返りました。
別の日。夫が“おしゃぶり取って”と、言うので手渡すつもりが、気づいたら夫の口に押し込もうとしていました。
夫曰く、そのときの私の目はものすごく真剣だったそうです」

「お風呂上がり化粧水をつけたら、除光液でした。気がついたのはお手入れが終わったあと。匂いで気づけよ!」

「洗顔料を歯磨き粉と間違えて、歯磨きしたことあります」

「帰宅して洗面所で手を洗おうとしたとき家族に声をかけられて……。気がついたらなぜか歯磨きしてました。
その話を大学生の子どもに話したら“気にしなくても平気だよ。私もしょっちゅうだもん”
自分だけでなく、いろいろ終わってることを知りました」

「パートから帰宅。スティックタイプのコーヒーを飲もうとお湯を沸かしている間、お供の柿ピーを用意。お湯をカップに入れたら、柿ピーがぷかぷか浮いてきました」

「朝、忙しくお弁当を作っているとき、卵を割ったら中身を三角コーナーへ、殻をボールに入れてました。終わってる」

「私はそのくだりを2回やりました。1回目やっちまったー! と、10秒後にやり直したらまた同じことを……。終わってます」

「研いだお米をセットして炊飯のスイッチオン! というとき、なぜかフタを開けるスイッチを押してしまう。何回も。
よし! 夕ご飯作るぞってときに、フタがパカッと開く間抜けさったら、もう」

「冷蔵庫を開けたら、目線の高さにサランラップが鎮座していました。状況証拠からどう考えても犯人は私なんですが、記憶にございません」

「買ったはずのキュウリが野菜室にない。あった!と思ったら、冷凍庫。ご丁寧に1本ずつラップで包んでありました」

「幼稚園の送迎を自転車でしていました。送り届けて、さぁ帰ろうと自転車に戻ったとき、なぜか子どものヘルメットを自分の頭に被せて“入らない”と、しばらく悪戦苦闘。
我に返って、終わってると思いました」

「自転車の鍵を開錠したのに、タイヤがロックされて動かない。なんで〜と、焦ったら、ブレーキをギュッと握りしめながら前後に揺さぶってました」

「ふと気づいたら赤信号に向かって、自宅駐車場のゲートのリモコンをピッピピッピやってました。リモコンじゃ信号かわんねーよ!」

「私も経験あります。子ども抱っこして帰宅して、玄関に向かって車の開錠キーを一生懸命押してました」


別の意味で終わっているという声も。

「日本中が萌え萌えキュンキュンと言っていた人気テレビドラマ“恋つづ”。
キュンどころか寒気しかない。あかん、枯れてる」


みなさんのいい感じの“終わってる”は、第二弾へと続きます。


文/和兎 尊美


■文中のコメントは口コミサイト「ウィメンズパーク」の投稿を抜粋したものです。

■おすすめ記事
「ママ起きて!朝五時半に 叫ぶ声」働くママのあるある川柳

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。