SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 脳発達の専門家に聞く、大人のマスク着用が6才までの子どもに与える影響

脳発達の専門家に聞く、大人のマスク着用が6才までの子どもに与える影響

母と少年のウェアマスクと顔の盾
写真はイメージです
maroke/gettyimages

2才以上の子どもや大人がマスクをして生活することが当たり前になっている毎日の暮らし。感染防止のために必要だからと着用しているマスクが、子どもの言葉の発達に影響を及ぼしていると指摘されていることを知っていますか。
京都大学大学院教育学研究科教授の明和政子先生に、認知科学の観点から、マスクをしたままのコミュニケーションが子どもたちにどんな影響を与えるかを聞きました。

脳が環境の影響を強く受ける特別な時期がある

「新しい生活様式」が提言されてから、マスクをしない日はない、というママやパパも多いでしょう。家ではマスクはしない、というケースが多いとは思いますが、外出先やお散歩時などもマスクをつけたままお世話をしたり、遊んでいたり、ということが増えていると思われます。

しかし、「新しい生活様式は子どもの脳と心の発達に配慮していない面がある」と明和先生は指摘します。
それでは、乳幼児期の脳は、コミュニケーションを通じてどんな発達をするのでしょうか。

「脳の発達には『感受性期』と呼ばれる、環境の影響をとくに大きく受ける特別な時期があります。たとえば、視覚情報をつかさどる視覚野は、生後8カ月ごろから就学前くらいまで環境の影響を受けて変化します」(明和先生)

この点において「他者の動く表情」を目にする日常経験は、乳児の脳と心の発達にとても重要だと言います。

「乳児は、目や口がダイナミックに動く表情を目にしながら、喜びや怒りなど相手の感情を理解する能力を発達させていきます。

また、『いい子だね」などと相手が口から発する音声とそれにともなう口の動きの視覚情報を統合しながら、言語を獲得していきます。相手の表情を理解し、その表情や音声をまねすることで、相手の心を想像する心、共感する心などを発達させていく時期です」(明和先生)

マスク着用が当たり前となった今、乳児は、こうした学びの機会を得にくくなっているのです。

五感を通した経験が子どもの脳と心の発達には不可欠

マスクで口元が隠れてしまうと、相手の感情を理解する力や共感する心がつきにくくなるばかりか、言語の獲得にも影響する可能性があるとは…。

「提言された新しい生活様式は、大人同士のコミュニケーションが前提となっています。しかし、コミュニケーションをとるとき、大人同士が手がかりにする情報と、子どもが手がかりにする情報は異なっているのです。マスクにより相手の口元がブロックされる、表情が見えない、という状況は、子どもたちがコミュニケーションするための手がかりを奪うことにつながります。

新しい生活様式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、もちろん重要です。しかし、子どもの脳の発達を考えると、変えてはいけないものは何かを感染防止対策との両方をはかりながら考えていくことが大切です。子どもにとって必要な新しい生活様式とは、どのようなものかを考えるべき時期にきていると思います」(明和先生)

限定された関係の中では、できる限りマスクをはずすことを心がける

マスク着用が子どもたちの脳と心の発達に与える影響は、想像以上に大きいのかもしれません。では、感染防止対策と子どもたちの脳と心の発達を守るかかわりを、どのように両立させればいいのでしょうか。

「大事なことは、できることをできる範囲で、ということです。マスクをした他者が当たり前の環境になっている今、限定された関係の中だけでも、マスクをはずしたコミュニケーションの機会を得られる時空間を子どもたちに提供していただきたいです。たとえば、家庭内では、ママやパパが豊かに動く表情をコロナ禍以前よりも意識的に見せてあげることなども有効でしょう」(明和先生)

お話・監修/明和政子先生 取材・文/岩崎緑、ひよこクラブ編集部

現在保育の現場では、子どもたちの言葉の発達がコロナ禍前よりも遅いという声もあがっていると言います。子どものいちばん身近にいるママやパパは、今何ができるのか、話し合ってみてはいかがでしょうか。


明和政子先生(みょうわ まさこ)

Profile
京都大学大学院教育学研究科教授。専門は認知科学・発達科学。主な著書に『ヒトの発達の謎を解く―胎児期から人類の未来まで』(ちくま新書),『まねが育むヒトの心』(岩波ジュニア新書)などがある。

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。