SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊活
  3. 日記・マンガ
  4. ケイコモエナ
  5. スイス人の武士(夫)が激しく動揺したワケ【ケイコモエナのスイス妊娠日記#31】

スイス人の武士(夫)が激しく動揺したワケ【ケイコモエナのスイス妊娠日記#31】

更新

こんにちは!ケイコモエナです!

スイス人夫の元に嫁ぎ、スイスのアルプスの麓のど田舎に住んでおります。見渡す限り山、山、山、牛、羊、ヤギ、空です。

この連載では、長男のイチがまだ小さい頃のお話で、ふたりめの妊活を始めた頃のエピソードを赤裸々に綴りました! 笑いあり、涙ありの私の妊活話、楽しんでいただけると幸いです。

前回は、ふたりめ妊娠にあたり、新しい産婦人科を探したい、というお話でした。

今回は、その新しい産婦人科医のことで、心は武士のスイス人の夫がとても動揺したというお話です。

産婦人科医は、他の専門のお医者さんと違って、
滅多に見せないような部位を診てもらう先生なわけで…。

そんな妻の、とてもプライベートな部分を、

(((たとえ医師であっても)))
(((他の男の人に診せるってっっっ。)))

と、多くは語らない夫の表情から、そんな心の声が感じられました。
夫は、滅多なことでは動揺しない武士のような人なのですが、この時ばかりは汗びっしょりになっていました(笑)。


確かに、ただでさえ同性であっても小っ恥ずかしく、まして、それが異性となると(お医者さんとわかっていても)それに輪をかけて小っ恥ずかしい!

先生も職業としてやっておられるプロなのですから、私たちがそんな風に考えること自体おかしいし、失礼なお話なんですけどね。

みなさんはどうですか…?
男の先生、女の先生、好みなどはあるのでしょうか?


最後まで読んで頂きありがとうございました。
では、また次回に!

ケイコモエナ

「ぼんち揚げ」をこよなく愛すコテコテの関西人です。スイス人夫、長男のイチ、末っ子のゆあ、とスイスのアルプスの麓の小さな村に住んでいます。育児にまつわるつぶやきや、母としての思いをゆるくインスタにて綴っております。

インスタグラム:keikomoena

ケイコモエナのスイス妊娠日記「もしかしてふたりめ不妊!?」今までのお話はこちら

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活の人気テーマ

新着記事

ピックアップ

不妊治療クリニック&体質改善施設
たまひよ妊娠判定チェック
あかほし
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。