1. トップ
  2. 妊活
  3. 暖めすぎ、加湿しすぎはNG!? 秋冬のベビールーム、室温と湿度の正解は?

暖めすぎ、加湿しすぎはNG!? 秋冬のベビールーム、室温と湿度の正解は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれたばかりの赤ちゃんは一日中"ねんね"。秋冬は暖房器具や加湿器を使って、赤ちゃんの部屋を暖かく、快適に整えてあげたいですよね。
でも、寒そうだからといって、部屋を暖めすぎたり、加湿しすぎたりすると逆効果になることがあるのです。

赤ちゃんにとって快適な室温は、少し低め

生後すぐの赤ちゃんは体温調節が苦手で気温に左右されやすく、ねんねしている部屋が寒すぎたり暑すぎたりすると、体調を崩してしまうことも。
寒い日は、エアコンやヒーターなどの暖房器具を上手に使い、お部屋が快適な室温になるように整えましょう。

冬場、快適に過ごせる室温は22~23度

赤ちゃんは大人よりも体温が高めなので、室温は少し低めの設定にします。
暖房が必要になる冬場でも、赤ちゃんが快適に過ごせる室温は22~23度。
エアコンやヒーターなど、家庭によってさまざまな暖房器具を使うと思いますが、大人が寒くない程度の室温にして、暖めすぎないようにしましょう。

室温の確認は赤ちゃんの近くで!

また、室温を確認するときは、暖房器具の表示設定ではなく、赤ちゃんの近くで確認すると安心です。
赤ちゃんは床など低い位置で過ごすことが多く、床に近いところは暖房をつけても冷たさを感じがち。
できれば、赤ちゃんの体に触って暑さ・寒さを確認するようにしてください。

布団のかけすぎ&重ね着しすぎに注意

暖房をきかせていても、寒そうだからといって、布団を必要以上にかけたり、重ね着をさせすぎたりするのはNGです。
一日中寝ているだけに見えても、赤ちゃんは全身運動をしています。体温も高めなので、冬でも汗をかくことが。
布団のかけすぎ、重ね着のしすぎは窒息の原因になることもあるので注意しましょう。

加湿するなら換気もしっかりと!

エアコンやヒーターなど、温風が出る暖房器具で部屋を暖めると、室内は乾燥しがちに。
空気が乾燥すると風邪のウイルスが活動しやすく、肌がカサカサになってしまうことも。
とはいえ、加湿しすぎると湿気対策が必要に。適度な湿度をキープすることが大切です。

湿度は50~60%を目安に調整して

赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は50~60%が目安です。
冬場は加湿器などを活用し、室内の空気が乾燥しすぎないように気を配りましょう。
エアコンを使う家庭は、温風が赤ちゃんの顔に直接当たらないように注意してください。

加湿しすぎはNG! 2時間に1回は換気を

また、加湿器を使うときは、少なくとも2時間に1回は換気をして空気を入れ替えましょう。
加湿しすぎると、窓ガラスなどが結露し、カビやダニが増える原因に。
ちなみに、石油やガスのヒーターを使う場合は、空気の流れが悪くなるため、1時間に1回は換気が必要です。

風邪をひきやすい秋冬は、室温と湿度の管理がとっても大切。ねんね環境を整えて、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげたいですね。(文・たまごクラブ編集部)

参考/ひよこクラブ2015年9月号「“生まれ月別”出産準備グッズのそろえ方ガイド」
監修/保健師・助産師 中村真奈美さん

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る