1. トップ
  2. 妊活
  3. [モヤサバ妊活 #10]妊娠検査薬、ついに陽性。

[モヤサバ妊活 #10]妊娠検査薬、ついに陽性。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0歳の息子のお母さんをしています、わぐりです。「ハハのつぶやき」という子育てイラストをTwitterInstagramで描いています。
息子を妊娠するまでの妊活期は、モヤモヤした感情的なココロと、サバサバした冷静なココロ、2つのココロに挟まれて過ごしました。この連載では、私の体験した2年間の不妊治療のことや、その時に感じたことを書いていきます。

[モヤサバ妊活 #10]妊娠検査薬、ついに陽性。

子宮卵管造影検査、人工授精を経て(前回記事参照)、排卵誘発剤+タイミング法の治療に戻した私。卵管造影をする時に先生から、「卵管造影の後の数回は、妊娠しやすいって言われてますよー」と言われていたものの、無駄な期待は持たないようにしていたのですが・・・

タイミング法に戻してすぐの生理予定日が近づくと、なんだかいつもより熱っぽい気分。もしかして、もしかして・・・と高鳴る気持ちを抑えます。いつも期待しては生理が来ていたのですから、そう簡単に期待することはできません。

そして、生理予定日当日、その日から使える妊娠検査薬を使い、見えたものは・・・まぎれもない、幻覚でない、はっきりとした「陽性」だったのです!

すぐに夫に報告。夫も、「嘘じゃないよね?」と半信半疑になりながら、検査薬を覗き込み、「ほんとだ!」と嬉しそう。2年におよぶ不妊治療が、初めて報われた瞬間でした。妊娠検査薬だけでは、正常な妊娠かどうかわからないので、すぐに2週間後の病院を予約。そしてもちろん、その後の妊娠中も、たくさんの不安と戦うことになるのですが・・・。

この時の奇跡みたいな気持ちは、ずっと忘れることはないと思います。今、この記事を書いている目の前で寝ている息子が、あの時お腹にできたんだなと思うと、なんとも言えない感動に包まれます。

子どもができることは本当に奇跡のようなことで、治療をして妊娠できることもあれば、様々な理由で諦めざるを得ないこともあると思います。でも、結末に関わらず、不妊治療は、たくさんの不安や、落胆、痛み、悩みと戦いながら、自分たちの人生と向き合う機会になりました。この記事が少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

[わぐり]
2018年4月に息子を出産し、育休中の33歳。
「ハハのつぶやき」Twitter(@ninputweet)Instagram(@ninputweet)で、妊娠中から現在の育児中までのイラストを、ほぼ毎日更新しています。

■おすすめ記事
思わず共感!読んでみたい子育てマンガ5選

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

新着記事をもっと見る

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら

たまひよ

たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし