1. トップ
  2. 妊活
  3. [妊活] 赤ちゃんに出会うために 妊娠前にやったほうがいいこと vs ダメなこと <男性編>

[妊活] 赤ちゃんに出会うために 妊娠前にやったほうがいいこと vs ダメなこと <男性編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1日でも早く赤ちゃんに出会うため「妊娠のためによくないかな?」って気になる、男女のあるある疑問を、産婦人科医に答えてもらいました。

今回は <Man's Q&A (男性編)>

「えっ、これダメ!?」が意外と多い男性の妊活。正しい知識を得て、早く赤ちゃんに会おう。

※やっていいことは○、避けたほうがよいことは×、注意したほうがよいことは△で回答しています。

[妊活] 赤ちゃんに出会うために 妊娠前にやったほうがいいこと vs ダメなこと <女性編>

Q.1 魚介類などのお酒のおつまみが好き!

【○】
いいですね。とくに精子のもとになる成分がたっぷり含まれているイカとカキは積極的にとってください。調理法はなんでも構いません。

Q.2 ガテン系の仕事と事務系の仕事、どちらが精力が高いですか?

【○】
ガテン系です。筋肉を使うと男性ホルモンが分泌されるため、性欲が強くなるし、精子もつくられるのが早くなります。事務仕事の男性はスポーツジムなどで鍛えるといいですよ。

Q.3 頻繁にオナニーをしています。いいでしょうか?

【○】
どんどんしましょう。精子はつくられた瞬間が最もパワーがあります。禁欲は精子が死んでいくだけなので、一刻も早く外へ出して新鮮な精子をつくりましょう。

Q.4 不特定多数が訪れるスポーツジムは、器具が不潔そう……。通い続けてもいいでしょうか?

【○】
大丈夫です。多くの人が触っているからといって性病などになることはありません。精子にも影響はありませんし、筋力をつけて男性ホルモンを増やすためにも続けるといいでしょう。

Q.5 受けたことのない予防接種があります。受けたほうがいい?

【○】
おたふくかぜにかかったことがなければ、急いで予防接種をしましょう。成人男性がかかった場合、3割の人が無精子症になるデータがあります。早めの接種を強くすすめます。

Q.6 妻が妊娠したときのため、料理ができるようになったほうがいい?


【○】
妊娠すると女性にはつわりや体調の変化が起こります。男が料理ができることに越したことはありません。

Q.7 スマホはズボンのポケットが定位置。大丈夫でしょうか?


【△】
電磁波の面で、とくに心配することはありません。やめてほしいのはひざの上にノートパソコンをのせて作業すること。下半身が温まってしまうので避けましょう。

Q.8 自宅の新築を予定しています。床材や塗料で気をつけたほうがいいものはありますか?

【△】
ホルムアルデヒドなどの化学物質が精子に影響を与えるといわれています。今は人体や環境に影響のない資材を使うことが多いと思いますが、できれば資材は慎重に選んでください。

Q.9 妻の衣類を清潔に保つため、洗濯は夫婦別々のほうがいいですか?

【×】
分ける必要はありません。いっしょに洗ってください。

Q.10 たばこを吸ってもいいですか?

【×】
1日でも早くやめるべき。精子の奇形率が上がり、流産率も高くなります。喫煙は何のいいこともありませんから、奥さんのためにも禁煙を。

Q.11 浮気をしてしまいました。バレなければ大丈夫ですよね?

【×】
浮気をすることで男性の性欲が増すことはあると思います。ただし倫理上、奥さんとの子どもを望んでいるのに浮気は不幸な結末を招くだけです。

Q.12 パンツは断然ボクサー派

【×】
股間を温めるとよくないので、通気性のいいトランクスがおすすめです。股間の締めつけもよくないので、パンツ1丁かノーパンで寝るほうがベストです。

Q.13 体を洗うのが面倒でおふろやシャワーは1日おき

【×】
包茎の場合、先端にウイルスがいることがあり、不衛生だとウイルスが増殖。セックス時に奥さんに感染して、ひどい場合は子宮がんの原因になる危険性があります。奥さんにとってもよくないので、入浴を習慣づけて。

Q.14 入浴後、すぐにセックスしてもいいですか?

【×】
股間を清潔にするのはとてもいいですが、おふろのあとにするなら体をクールダウンさせてから。

Q.15 サウナが大好き!

【×】
睾丸が温まり、精子がうまくつくられなくなるのでおすすめしません。できれば控えましょう。

Q.16 車を長時間運転してもいいですか?


【×】
できれば長距離で連続しての運転は控えたほうがいいですね。股間で睾丸が温まってしまう上、風通しがよくありませんので休憩を取って下半身を冷ますようにしましょう。

こちらもおすすめ→2人で食べるほど妊娠力アップ <妊活ごはん>

【監修】はらメディカルクリニック
院長 原利夫先生

日本初の体外受精凍結受精卵ベビー誕生のスタッフとして活躍後、1993年に不妊治療専門の「はらメディカルクリニック」を開業。専門は生殖生理学、内分泌学、精子学。著書、多数。
詳しくはhttps://www.haramedical.or.jp/

■イラスト/ユリコフ・カワヒロ

▼発売中の『妊活たまごクラブ2018-2019年版』は、妊活に役立つ情報が一冊に詰まった妊活スタートブック。

■おすすめ記事
赤ちゃんが言葉を発するまでには段階があった!

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

妊活の人気テーマ

新着記事

新着記事をもっと見る

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら

たまひよ

たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし