1. トップ
  2. 妊活
  3. [妊活] 初めての不妊治療クリニックガイド #2 「通いやすいクリニック」ってどういうこと?

[妊活] 初めての不妊治療クリニックガイド #2 「通いやすいクリニック」ってどういうこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


行くべきか、行かざるべきか…そろそろ、「治療」を考えようかな…と思った2人へ。
不妊治療を始めるときに、クリニックはどう選ぶのか、どう戸惑いを解消したらいいのか。妊活コーチの松本亜樹子さんと先輩たちにアドバイスしてもらいましょう。
今回は、不妊治療で「通いやすい」クリニックのポイントをまとめました。

妊活コーチがアドバイス!「通いやすいクリニック」ってどういうこと?

ひと言で「通いやすい」と言っても、地理的、心理的にもさまざまな側面があります。不妊治療で通いやすいってどういうことなのか、もう少し考えてみましょう。

「取りあえず検査だけでも」と思えることを重視して

不妊治療の初めの一歩は、踏み出す勇気がそんなになくてもいいところからスタートすることをおすすめします。
近所だから、前からなじみのある病院だから、通勤経路にあるから、女医さんだから……。ハードルができるだけ低い病院に、まずは行ってみてください。自分が「ここだったら通えるかな」と思った病院でいいのです。
人によって「通いやすさ」の第一条件は違っていいのです。まずは検査だけでも受けてみようと思えることが大切。

不妊検査を行っている施設ならOKです

必ず「不妊検査」を行っている施設を選びましょう。産科がメインの産婦人科では、いざ治療となったときに、その後のステップアップが難しい場合があるかもしれません。
一方で婦人科がメインだけれど、男性の検査も提携先の病院でできるという施設もあります。 地理的・心理的に通いやすくて、男女共に検査が受けられる施設。それだけでだいぶ選択肢が絞られてきませんか?

【通いやすさ例・1】近所だから


【通いやすさ例・2】女医さんだから


【通いやすさ例・3】通勤経路にあるから


【通いやすさ例・4】前からなじみのあ病院だから


こんなことも「通いやすさ」です!

近所だから、女医さんだから…それ以外にも、「通いやすさ」にはこんなポイントもありなんです。

雰囲気重視、してもいいんです

不妊治療はチーム医療です。医師、看護師だけでなく、胚培養士、カウンセラーなどがチームで治療にあたります。だから、ドクターにまで心理的サポートまで求めなくてもいいのです。
また、受付の人との相性もとても大切。最初と最後に必ず通るところだから、毎回、受付が「関門」のようになってはつらいでしょう。雰囲気重視、大切な要素の一つです。

料金体系がわかりやすいって大事

お金のことを話すのはなんだか気が引けてしまう、というのはとても日本人的な感覚。
だけど、納得して治療を受けるという意味でも、実際にいくらかかるのかを明確に答えてくれる施設なら安心です。料金表をしっかり提示してくれる施設もあります。

男性の検査も同時進行でできると◎

不妊は女性だけの問題ではないということは、だいぶ知られてきましたが、まだまだの部分もあります。初めから2人同時に検査を受けることは大切なこと。
女性だけが検査や治療を受けていて、あとで男性に原因があるのがわかり、対策を立てたらすぐに妊娠できた、というケースも少なくありません。

「いつ」から不妊治療を始めるの?

不妊症の一般的な定義は「カップルが避妊をせずに定期的なセックスをして1年間妊娠しないこと」(日本産科婦人科学会)です。
実際には年齢が高くなるほど妊娠率が下がるというデータもあり、35才を境にもう少し早く治療をスタートして!とすすめられることもあります。

【監修】
松本亜樹子さん

NPO Fine代表理事
アナウンサー時代から人材育成に携わったのがきかっけでコーチングを学び、現在は国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサ―ティファイドコーチ(ICF PCC)として活躍。その一方で自身の経験を生かし、「NPO法人Fine~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~」を設立。

■イラスト/Boojil
■文/関川香織
■取材協力/NPO法人 Fine

[妊活] 初めての不妊治療クリニックガイド #1 病院選びで重視したこと トップ10

▼発売中の『妊活たまごクラブ 初めての不妊治療クリニック受診ガイド2018-2019』は、妊活から一歩踏み出して、不妊治療を考え始めたら手に取ってほしい1冊。

■おすすめ記事
1歳代&2歳代 ひどいイヤイヤがラクになる!子どもとのかかわり方

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

新着記事をもっと見る

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら

たまひよ

たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし