1. トップ
  2. 妊活
  3. [妊活] 初めての不妊治療クリニックガイド #3 クリニック選びの落とし穴

[妊活] 初めての不妊治療クリニックガイド #3 クリニック選びの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


行くべきか、行かざるべきか…そろそろ、「治療」を考えようかな…と思った2人へ。
不妊治療を始めるときに、クリニックはどう選ぶのか、どう戸惑いを解消したらいいのか。妊活コーチの松本亜樹子さんと先輩たちにアドバイスしてもらいましょう。
今回は、「クリニック選びの落とし穴」について、注意したいポイントをまとめました。

【クリニック選びの落とし穴・1】インターネットが主流だけれど、「落とし穴」に要注意!

今や、情報集めはまずインターネットからが当たり前。でも、そこから必要な情報を選び取るのは容易ではありません。
写真の雰囲気やそれっぽいレイアウトだと、いかにも正しい情報のように見えがちですが、医療情報やデータなどについては、ぜひその出典を確認することをおすすめします。

根拠のない情報に振り回されないように!

口コミ情報の読み方も自分の性格に合うかどうかをよく考えて。治療成績のよいところで頑張れるタイプなのか、親身に励ましてくれるほうがいいのか。それによって口コミへの評価も異なるかもしれません。
そしてやはり、口コミだけに頼らず、自分たちで実際に一度病院へ行ってみることが大切です。

「田舎なので車で2時間の場所にしか病院がない!」という場合、どうしたら?

どうしてもそこしかないなら、しかたないかもしれません。その場合は時間とお金をどうかけるか、2人でよく話し合ってしっかりプランを立てることが大切です。
たとえば、この1年間は遠いけれど頑張ってみよう、と決心するのもいい選択。その1年がたったときに、このまま続けるかどうか、見直しすることも忘れずに。

【クリニック選びの落とし穴・2】もし、行ってみた病院がピンとこなかったら…転院もあり!?

不妊治療には、実はさまざまな治療法があります。施設ごとに方針があり、同じ体外受精でも、薬の選び方、排卵誘発のタイミングなども異なったりします。つい、通っている病院の治療法を「これがすべて」と思いがちです。そうではないこともある、ということを知っておきましょう。

病院によって、治療の方法はさまざまだと知っておく

また、病院との「相性」もあります。「合わない」というのは、医師や治療方針が悪いわけでも、自分が悪いわけでもないんですね。もし、長いこと通っても望みがかなわない、通うことがだんだんと苦痛になるということがあったら、転院を考えてもいいんです。

セカンドオピニオンを活用することは恐くない

転院をすすめるというわけではありませんが、ずっと同じ病院に通い続けなくてもいいのです。転院することを言いだしづらいこともあるでしょうが、これまで積み上げてきた検査や治療のデータがもったいないので、きちんと病院に伝えて紹介状をもらったほうがいいですね。
セカンドオピニオンを求めてみたいと言っていいでしょう。 それでも言いづらかったら、「転勤になったので」などと、うそも方便という手もなくはありません。

<参考>先輩たちが転院した理由は?

●妊娠しなかったから… 52.9%
●医師の対応がよくなかったから… 48.6%
●ここではやっていない治療を受けたかったから… 33.2%
●他の病院の評判を聞いたから… 24.8%
●待ち時間が長かったから… 19.2%
●妊婦さんや子ども連れと同じ待合室だったから… 17.3%
●看護師の対応がよくなかったから… 15.9%
●受付や事務スタッフの対応がよくなかったから… 13.9%
※複数回答
※出典:NPO Fine

自分の治療・検査データを管理しよう

ほとんどの病院では、検査結果や治療データを渡されます。渡されたデータは今後のためにも整理して保管しましょう。時系列に沿ってファイルしておけば十分です。
そうしておくことで、転院したとしても、直近の検査結果があれば、またイチから検査し直すということは避けられます。転院するときのため、というだけではありません。
たとえば、目的が同じ薬でも、AはいいけどBは駄目、Cは倒れるくらい具合が悪くなる、といったことがあります。

【監修】
松本亜樹子さん

NPO Fine代表理事
アナウンサー時代から人材育成に携わったのがきかっけでコーチングを学び、現在は国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサ―ティファイドコーチ(ICF PCC)として活躍。その一方で自身の経験を生かし、「NPO法人Fine~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~」を設立。

■イラスト/Boojil
■文/関川香織
■取材協力/NPO法人 Fine

[妊活] 初めての不妊治療クリニックガイド #2 「通いやすいクリニック」ってどういうこと?

▼発売中の『妊活たまごクラブ 初めての不妊治療クリニック受診ガイド2018-2019』は、妊活から一歩踏み出して、不妊治療を考え始めたら手に取ってほしい1冊。

■おすすめ記事
爆笑!感動!号泣!!我が子の「胎内記憶」

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

新着記事をもっと見る

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら

たまひよ

たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし