1. トップ
  2. 妊活
  3. <PR>愛知県で培った浅田式不妊治療を東京に。 2018年5月に第3のクリニックとして新規開院【浅田レディース品川クリニック】

<PR>愛知県で培った浅田式不妊治療を東京に。 2018年5月に第3のクリニックとして新規開院【浅田レディース品川クリニック】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待ち時間も快適に過ごせるフリーWi-Fiサービスや電源を備えたデスクを完備

【施設名】浅田レディース品川クリニック

住所:東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル3階
電話番号:03-3472-2203 
交通:JR・京急本線「品川駅」港南口より徒歩3分
診療時間:月曜~土曜9:00~11:00、月曜・火曜・木曜・金曜15:00~18:00
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜
※土曜は指定外来となっております。祝日の診療はクリニックカレンダーによります
http://shinagawa-asada.jp/


不妊治療に携わり 30 年。「経過」ではなく「結果」を重視した治療を提供

浅田レディース品川クリニックはビッグターミナル「品川駅」から徒歩3分というアクセスの良い立地にあります。名古屋大学で不妊治療に携わってから30年、2004年愛知県春日井市、2010年名古屋市にクリニックを開院。浅田式の生殖医療を東京でも受けられ、患者さまの選択肢が増えるように、また浅田式の生殖医療の真髄とその精神・志を引き継げるドクターやスタッフを養成・教育するために、東京・品川に3つ目のクリニックを開院しました。

「豊富な症例データと科学的根拠に基づく的確な判断により、それぞれの患者さまにとって最適な治療法を提案することを大切にし、患者さま自身にも正しい知識を持ってもらうために、初診受診前に必ず『初診受診前説明会』を受けることで、クリニックの特徴や治療方針に納得して治療に進んでもらいます」と院長の浅田義正先生は言います。

AI搭載のタイムラプスインキュベーターを中心にお母さんの体内環境に近づけたこだわりの培養室

安心して治療に専念できるよう、プライバシーの確保や心地よい空間づくりに配慮

院内は、最新設備やこだわりが満載。待合室はいろいろな待ち方が出来るようフリーWi-Fi サービスや電源を備えたデスク、インターネット学習ができるWebスペースなどが用意され待ち時間を快適に過ごすことができます。

また、不妊治療クリニック初の、アプリによる受精卵映像閲覧サービスも開始。受精卵の成長記録を、場所を問わず確認することができます。他にも診察予約や呼び出し機能など様々な利用ができます。

生命を育む心臓部でもあり、お母さんの体内環境に近づけたこだわりの「培養室」では、卵子にとってよい環境をつくることに徹底的にこだわり、機器・照明・空調などすべて配慮した作りとなっています。

「患者さまにとって、不妊治療の『駆け込み寺』のような存在でありたい。しかし、最後ではなく、最初から来てほしい。そして、あなたにも、真摯な、真っ当な治療で、奇跡ではない感動の妊娠と出会っていただきたい。そう願っています」といった浅田院長の思いが込められたクリニックです。

天井にあるモニターで寝たまま超音波検査と受精卵の顕微鏡映像が見られるオペ室

「痛みのない採卵」にこだわり麻酔後ゆったり休め、プライバシーに配慮した休養室

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
不妊治療クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/