1. トップ
  2. 妊活
  3. 生理を男女できちんと学ぶ大切さ。心配事はためらわず婦人科へ

生理を男女できちんと学ぶ大切さ。心配事はためらわず婦人科へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「赤ちゃんが欲しい」。そう思っても、妊娠・出産にまつわる女性の体のしくみのこと、意外とデリケートな男性の体のこと、きちんと理解していますか?

今回は、妊娠できる周期を知る「生理のしくみ」について、産婦人科医の竹内正人先生にうかがいました。

「妊娠力アップのための基礎知識」 #5
※参考:「妊活たまごクラブ 2019-2020年版」

関連:女性の一生で排卵される卵子は約480個。最も妊娠しやすいのは、排卵日の2~1日前。妊娠のしくみとは?

生理のしくみについてきちんと知っておこう

生理は、妊娠するために必要不可欠な女性の体の働きです。
まず、脳から女性ホルモンに卵巣を刺激するように指令が出されると、卵巣は卵胞を成長させて卵子が成熟します。これが卵胞期です。次の排卵期で、1個の卵子の排卵が行われます。そして、子宮内膜を厚くして受精に備える黄体期に。
ここで受精が行われないと、卵子は消滅し、子宮内膜も剥がれ落ちて月経となります。面倒に思われがちな生理ですが、「今月も、赤ちゃんを迎える用意をしていましたよ」というサインなのです。

【生理のバイオリズム】生理は4つの周期で、妊娠に備えています



*画像クリックで拡大

生理には、月経、卵胞期、排卵期、黄体期の4つの周期があります。女性ホルモンの働きによって、女性の体が妊娠できるように整えています。
生理の周期は25~38日、月経は3~7日間続きます。

月経

妊娠が成立しなかったために、子宮内膜が剝がれ落ちて、血液と一緒に体外に出てくるのが月経です。月経の期間には個人差があります。

卵胞期

卵巣で毎月20個程度の卵胞が成長し、最終的にそのうちの1個が成熟し排卵します。
同時に子宮内膜も厚くなります。卵胞期は6~7日間程度で、いちばん体調のよい時期。

排卵期

卵巣で成熟したたった1個の卵子が卵巣から飛び出し、排卵します。
卵子は卵管にとらえられて受精に備えます。排卵期は排卵の前後4~5日間くらいのことをいいます。

黄体期

子宮内膜が最も厚くなる時期です。排卵によって女性ホルモンのバランスが変化し、便秘や肌荒れ、イライラが起こる人も。

ホルモンの変化

卵胞ホルモン(エストロゲン)は子宮内膜を厚くし、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜に着床に向けた準備を促します。
入れ替わるようにして、それぞれのピークを迎えます。

生理にまつわるトラブルあれこれ

生理にまつわるトラブルについて紹介します。

PMS

生理前の黄体期に、女性ホルモンの変化が原因で、便秘や肌荒れなど、さまざまな症状が出ることをPMS(月経前症候群)といいます。
症状には個人差がありますが、生理後も症状が続くようであれば、別の病気の可能性も。医師に相談を。

生理痛

下腹部が重くなったり痛んだり、生理中はだれでも多少の違和感があります。
ただし寝込んだり、貧血を起こす場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因の場合も。痛みがひどくなった場合は、早めに受診しましょう。

生理不順

生理の間隔が25日未満、もしくは39日以上の場合を生理不順といいます。適切な周期で生理が来ない場合は、排卵が起こっていない可能性も。
生理不順は不妊の初期原因の一つ。長すぎても短かすぎても婦人科に相談を。

不正出血

生理中以外の出血は、排卵がうまく行われていなかったり、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣や子宮にトラブルがある可能性も。
色が茶色いおりものだったり、量がおかしいと思ったら、婦人科で検査をするようにして!

「おりもの」や「かゆみ」

「おりもの」は無色透明で、下着についても薄い黄色程度。黄色や褐色だったり、「かゆみ」や痛みがある場合は、細菌性腟炎やクラミジアなどの疑いも。
放置していると不妊につながる場合もあるので、早めに治療をしましょう。

コラム:ピルのこともきちんと知っておいて

ピルは「避妊薬」というイメージがありますが、本来は女性ホルモンの働きをコントロールするための薬です。
生理周期を整えるために、子宮内膜症の人が不妊治療に使うことも。服用には医師の処方が必要です。

コラム:生理と女性ホルモンの関係

妊娠のために起こる生理のサイクルを指令しているのは、女性ホルモンによるもの。卵子の成熟を促すホルモン、排卵を促すホルモン、子宮内膜を厚くするホルモンなど、生理のサイクルに合わせて分泌量が変化します。
ホルモンの分泌量を自分の意思でコントロールすることはできませんが、人間の体と心は密接につながっています。
妊娠を望むなら日ごろから自分の心と体の状態を整えておくこともとても大切なことです。

コラム:卵子と生理の関係は?

意外に知られていないことですが、排卵が起これば生理が始まりますが、生理中に出血があっても、排卵しているかどうかは別問題です。
心配な人は、市販の排卵検査薬を使って自分で調べてみてもいいですが、より精度を求める場合には、婦人科で超音波検査を受診するとよいでしょう。

コラム:かかりつけの婦人科医を持とう

生理のトラブルや排卵しているかどうかの心配など、何か心配事がある場合には、ためらわずに婦人科を受診するようにしましょう。さらに自己負担になりますが、子宮がんや卵巣がんの検診も定期的に受けるようにしましょう。
この先、閉経や更年期障害など、女性の体には一生を通じていろいろなトラブルが発生する可能性があります。そういった際にも、いつでも相談できる婦人科のかかりつけ医がいれば安心です。

関連:初潮から閉経までの女性の体、精巣や前立腺などの男性の体、互いを知ることが妊娠への第一歩

【監修】産婦人科医 竹内正人先生

【監修】産婦人科医 竹内正人先生
日本医科大学大学院修了。米国ロマリンダ大学留学を経て葛飾赤十字産院などに勤務。よりやさしい「生まれる・生きる」をサポートするため、国や地域、医療の枠を終えて活動中。著書・監修書も多数。

▼『妊活たまごクラブ2019-2020年版』は、妊活に役立つ情報が一冊に詰まった妊活スタートブック。

■おすすめ記事
日頃のうっぷん解消?! 私が夫に仕掛けた“小さな仕返し”

妊活

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活の人気テーマ

新着記事

新着記事をもっと見る

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
病院検索
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
クリニック&体質改善施設
「ふたり妊活」のススメ イベントリポート