SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊活
  3. 日記・マンガ
  4. 女の子の産み分けの実態 “浅めであっさり?!!”【ケイコモエナのスイス妊娠日記#16】

女の子の産み分けの実態 “浅めであっさり?!!”【ケイコモエナのスイス妊娠日記#16】

こんにちは!ケイコモエナです!
スイス人夫の元に嫁ぎ、スイスのアルプスの麓のど田舎に住んでおります。見渡す限り山、山、山、牛、羊、ヤギ、空です。
この連載では、長男のイチがまだ小さい頃のお話で、ふたりめの妊活を始めた頃のエピソードを赤裸々に綴りました! 笑いあり、涙ありの私の妊活話、楽しんでいただけると幸いです。

前回はふたりめ妊活を始めるにあたって、久々の営みを目前に自分磨きをし、ドキドキして夫の帰りを待ってたけど、あっ、それどころじゃなかったのを思い出したというお話しでした。

今回は女の子の産み分けの営みを包み隠さず語っております(恥恥恥ーーー!!!)

久々の、ほんと、久々の愛の営みがこれでっせ(笑)。
愛のかけらもない。もうほんと実務です。業務!
ロマンチックのカケラもありゃしない。ひとりめ妊活の時と大違い。

私は「産婦人科でもらった説明書通りにしなければっっっっ!」と必死のパッチ。

久々の営みの感想はというと、ピンクゼリーの溶けにくいことに、びっくり!でした…。そこ?
私より驚いていたのは夫のほうで、もう言われるがまま、なにがなんだか分からないまま、産み分けの営みの実態に驚きの連続で、よく言うことを聞いてくれたなと思います。私が相当必死の形相だったのでしょう。
もうギンギンに違う意味でテンパって(恥)。
果たして、久々の夫婦の営み、成果は出るのか…?

次回に続く・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました!

<自己紹介>
ケイコモエナ
「ぼんち揚げ」をこよなく愛すコテコテの関西人です。スイス人夫、長男のイチ、末っ子のゆあ、とスイスのアルプスの麓の小さな村に住んでいます。育児にまつわるつぶやきや、母としての思いをゆるくインスタにて綴っております。

インスタグラム:keikomoena

ケイコモエナのスイス妊娠日記「もしかしてふたりめ不妊!?」今までのお話はこちら>

■おすすめ記事
初めての補助便座で……?チビ子のトイレトレーニング!#1

妊活

更新

妊活の人気記事ランキング

関連記事

妊活の人気テーマ

新着記事

ピックアップ

不妊治療クリニック&体質改善施設
たまひよ妊娠判定チェック
妊活・不妊対策を始めよう
あかほし
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。