1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠中期(21週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠中期(21週)

おなかが前に出てきて、体のバランスも変化

赤ちゃんが元気に育っていることを体感できる“胎動”。

こそばゆい? それとも力強い? パパと一緒に、赤ちゃんを存分に感じましょう。

おなかが前に出てくるころ。体のバランスに注意しましょう

妊娠21週になりましたね。妊娠6カ月の2週目です。 そろそろおなかがグーンと前にせり出してくるころ。おなかが前に出てくると、体の重心がずれて、腰や背中に負担がかかりやすくなります。

胎動を感じる人が多くなるころ。胎動は、おなかの赤ちゃんからのメッセージです。おなかに手を当ててみると、赤ちゃんのいる位置がなんとなく「ここかな?」とわかることもあるでしょう。 子宮は、大人の頭を少し上回る大きさになり、子宮の上部はママのおへその高さくらいになっています。 妊娠期間の折り返し地点ともいうべき時期でもあり、体が妊娠という変化に富んだ状態に慣れ、心も体も落ち着いてくるママが多いようです。

骨や筋肉が成長して動きも大ぶりになってきます

おなかの赤ちゃんの成長【20~23週】

●臓器の機能がより成熟し、体の細部が発育してきます。

●骨がますますしっかりして、体の末端まで筋肉がついてきます。大きく体を動かす運動などもするように。

●聴覚が発達してきます。

●上下まぶたが離れ、顔立ちがはっきりしてきます。

消化器、泌尿器などの器官が成熟してきて、体の部位も細部の成熟へと向かいます。骨や筋肉がしっかりしてきて、動きが大きくなります。早ければ23週ごろからは男女の外性器が見えることも。

このころの超音波写真

心臓の機能が調べられるようになってきます

胴体の断面から心臓を見た際に、赤ちゃんの手が動いて写り込んだもの。心臓は4つの部屋に分かれています。心臓など臓器が成熟し、また、手足の動きは滑らかになってきます。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る