1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠中期(22週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠中期(22週)

赤ちゃんの骨格や筋肉も成長してきました!

赤ちゃんが元気に育っていることを体感できる“胎動”。

こそばゆい? それとも力強い? パパと一緒に、赤ちゃんを存分に感じましょう。

体が妊娠という状態に慣れ、心身共に落ち着いてきます

妊娠22週になりましたね。妊娠6カ月の3週目です。 かなり多くの人が胎動を感じるようになり、赤ちゃんの位置が少しわかることも。胎動という赤ちゃんからのメッセージを受け取り、ママと赤ちゃんの絆をより実感できるようになるでしょう。 数カ月間、妊娠生活を経験し、心身共に落ち着いてきたころではないでしょうか? それはママの体が妊娠という特別な状態に慣れてきた証し。一方、子宮の大きさは、大人の頭を上回るくらいになり、子宮のてっぺんはママのおへその少し上くらいまで成長しているでしょう。乳腺も発達し、乳房もますます大きくなります。

おなかが前に出てくるころですから、体の重心がずれて、いろいろなトラブルが出やすくなることも。直立したときは反り返った姿勢になるため、腰や背骨に負担がかかり、「腰痛や背中の痛みがつらい」と言う人が増えていきます。

骨や筋肉が成長して動きも大ぶりになってきます

おなかの赤ちゃんの成長【20~23週】

●臓器の機能がより成熟し、体の細部が発育してきます。

●骨がますますしっかりして、体の末端まで筋肉がついてきます。大きく体を動かす運動などもするように。

●聴覚が発達してきます。

●上下まぶたが離れ、顔立ちがはっきりしてきます。

消化器、泌尿器などの器官が成熟してきて、体の部位も細部の成熟へと向かいます。骨や筋肉がしっかりしてきて、動きが大きくなります。早ければ23週ごろからは男女の外性器が見えることも。

このころの超音波写真

鼻の骨など部位の発達も顕著になります

赤ちゃんが大きくなり、上半身しか写り込まなくなりました。黒くくぼんだ部分が目。鼻の骨が白く鮮明に。なお、超音波では、骨が強く白く写り込んだ下側は、黒くなる傾向があります。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る