1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠中期(24週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠中期(24週)

赤ちゃんは羊水の中でぐるぐる動き回っています

赤ちゃんの体の機能が発達してきた証拠に、羊水の中で向きを変えたり、ぐるぐる回ったりしてしきりに動きます。

ママは子宮の重みで、体への負担が大きくなってきました。

おなかが大きくなって、あお向けで寝るのがつらくなってきます

妊娠24週になりましたね。妊娠7カ月のスタートです。 子宮の上部は、おへそのラインを越えるため、下腹部だけではなくおへその上までなだらかな丸みを帯びてきます。おなかは一段と大きくなり、重みも感じ始めるころです。 夜は、十分に睡眠をとることができていますか? あお向けに寝ると、大きくなった子宮が下半身から心臓へと戻る大静脈を圧迫するため、息苦しさを感じ始める時期でもあります。寝るときは、体の向きを左下にした横向きなどの、楽な姿勢で休むようにしましょう。

ホルモンの影響で骨盤の関節が緩んでいるところに、大きく重くなった子宮が乗っているせいで腰や背中に負担がかかるため、腰痛がひどくなる人もいます。 おなかが大きくなるのに伴い、皮膚が引き伸ばされて皮下組織が断裂し、妊娠線ができやすくなります。乳輪部の色素沈着も進むでしょう。さらに、妊娠中は口内環境が悪くなります。ホルモンバランスの影響で、歯茎の腫れや出血が起こりやすくなります。ほうっておくと歯周病が進行しかねません。歯周病は早産のリスクを高めるので注意が必要です。妊娠中は口腔ケアを怠らないようにしましょう。

羊水の中でぐるぐる動き回っています

おなかの赤ちゃんの成長【24~27週ごろ】

●脳の発達がさらに進み、体全体の機能をコントロールするようになります。

●耳や目で得た情報を脳へ送る伝達経路が完成します。

●羊水の中で回転して自分で向きを変えられます。さかご(骨盤位)になることも。

●皮膚から血管が透き通って見えることが少なくなります。

●目のレンズ部分が現れ、ときどきまばたきをします。

●男女の外性器がわかることもあります。

脳が発達して体の制御機能が高まるため、体の向きを変えて動き回るようになります。頭が上、足が下になるさかご(骨盤位)になっても元に戻る確率は高いでしょう。25週以降、男女の性別がわかることも増えてきます。

このころの超音波写真

赤ちゃんは自分で向きを変えられます

赤ちゃんは羊水の中で向きを変えて、さかごになったり戻ったりしています。胎盤に厚みがあり、へその緒の付着位置が中央寄りであると、赤ちゃんに十分な栄養が届きやすいでしょう。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る