SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. 気になる妊娠中期のおなかの張り「心配のない張り」と「危険な張り」を知っておこう【産婦人科医】

気になる妊娠中期のおなかの張り「心配のない張り」と「危険な張り」を知っておこう【産婦人科医】

更新

部屋の中で腹を吸って妊娠中の女性
west/gettyimages

妊娠中期は、体調が比較的安定する時期とはいえ、おなかの張りは気になるもの。どんなことに注意すればいい? 危険なサインは? 帝京大学医学部附属病院・笹森幸文先生(産婦人科教授、総合周産期母子医療センター長)に伺いました。

心配のない張りと危険な張りがある

切迫流産・切迫早産の症状として、おなかの張りや痛みが起こることがあります。ただし、すべてのケースが切迫流産・切迫早産につながるわけではありません。たとえば、子宮が大きくなるときに起こる収縮は、生理的なおなかの張りで、心配のないケースがほとんどです。
大切なのは、どんな症状が危険か?を知っておくことです。

妊娠中期によくある、心配のない張り

妊娠中期は、急激に子宮が大きくなるので、子宮を支えている円靭帯(えんじんたい)が引っ張られて痛みを感じることがあります。また、おなかが大きくなるときに、皮膚が引っ張られて張りのように感じたり、胎動が刺激となって、張りを感じたりすることも。これらは心配のない張りです。
そうはいっても、油断して動きすぎたり、無理をしたりすると、危険な張りを招くことにも…。おなかが張っていると感じたら、休息をとることが基本です。

心配のない張り

・円靭帯が引っ張られる
・子宮が大きくなる
・便秘
・胎動

注意したい! 危険なおなかの張り

横になっても張りや痛みが治まらない、出血を伴うといった場合は、危険な症状の可能性も。直ちに産院に連絡しましょう。
健診で「子宮頸管が短め」「前置胎盤の疑いがある」と指摘されたことがある人は、とくに注意が必要です。

危険な張り

・痛みや張りが治まらない
・出血を伴う
・おりものの異常がある

監修/笹森幸文先生 取材・文/栗本和佳子、たまごクラブ編集部

妊娠中期は、急激に子宮が大きくなる時期なので、ときどき、おなかに張りを感じるママも多いでしょう。心配のない張りも多いのですが、少しでも不安なときは産院に相談をしましょう。


参考/『中期のたまごクラブ』2022
年春夏号「妊娠中期を安心して過ごすためのママと赤ちゃんの見通し&やることのすべて」

※掲載している情報は2022年4月現在のものです。
     
『中期のたまごクラブ」2022年春夏号では、巻頭大特集「妊娠中期を安心に過ごすためのママと赤ちゃんの見通し&やることのすべて」があります。

中期のたまごクラブ 2022年春夏号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
0~5カ月、新米ママ&ベビーの「うまくいかない」授乳の悩みはこう解決

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。