SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産準備
  4. 妊娠5カ月からはじめる、赤ちゃんのお部屋づくりチェックリスト【専門家】

妊娠5カ月からはじめる、赤ちゃんのお部屋づくりチェックリスト【専門家】

更新

子供の部屋の美しいインテリア
Xiao Jiang/gettyimages

赤ちゃんのお部屋づくりは、一気にやろうとするとなかなか大変です。ママの体調も見ながら夫婦で計画的に進めましょう。基本のスケジュールを、保健師、助産師、看護師の中村真奈美さんに聞きました。

お部屋づくりのスケジュールを考えよう

赤ちゃんのお部屋づくりは、家具の移動やグッズ収納、掃除、安全確認…と意外にやることが盛りだくさん! 安定期に入る妊娠5カ月ごろから準備を始め、少しずつ計画的に進めましょう。

≪妊娠5カ月≫

昼と夜にそれぞれ、赤ちゃんをどこに寝かせるか夫婦で話し合っておきましょう。

夜中に授乳やおむつ替えをするので、両親がベッドなら、赤ちゃんもベッドにするなど、寝具の高さをそろえておくとお世話がしやすくなります。

≪妊娠6カ月≫

授乳やおむつ替え、沐浴後の着替えの場所などをシミュレートしてみて。動線を考え、家具の移動なども検討を。

≪妊娠7カ月≫

家具の配置換えや普段できない場所の掃除は、体調が安定している7カ月ごろまでにやっておくとあとがラク。レンタルの検討や手配なども始めて。

≪妊娠8カ月≫

赤ちゃんグッズの収納場所を決めておきましょう。大きな収納グッズの購入は最低限に。今あるものを整理して、スペースを作るのがベスト。

≪妊娠9カ月≫

臨月に入る前までに、ベビーベッドの組み立てなどをして、ねんねスペースのセッティングを。赤ちゃんのお世話グッズもそろえておいて。

≪妊娠10カ月≫

出産までに、赤ちゃんグッズの収納や、部屋の安全確認を。両手両足をついた姿勢でぞうきんがけをすると、赤ちゃん目線で危ないものがないかチェックできます。

≪出産直後≫

ママと赤ちゃんが退院するまでに、パパは赤ちゃんスペースの掃除や、ねんねグッズなどのセッティングの最終確認を。

里帰りの場合、家族との打ち合わせはマスト

里帰りするなら、昼と夜に赤ちゃんと過ごすスペースを「どこ」にするか家族に相談し、早めにスペースを確保しておいて。

また、赤ちゃんを「なに」に寝かせるかも決めておきましょう。自宅に戻るときのことを考え、里帰り中だけレンタルする方法もあり。

産前に里帰りする場合は、できれば34週までに。お世話の場所の整理や掃除、動線の確認、お世話グッズのセッティングを済ませておきましょう。

里帰り先から自宅へ戻る1週間前には、やってほしいことをリスト化して、パパに伝えておくと安心です。

監修/中村真奈美さん 取材・文/たまごクラブ編集部

赤ちゃんの快適なお部屋づくりには、事前準備が欠かせません。そのためは夫婦で、お世話に必要なことを具体的にシミュレートし、早めに準備しておくことをおすすめします。


参考/『後期のたまごクラブ』2022年春号「安心・安全・快適な環境をつくろう! 春夏生まれ赤ちゃんのお部屋づくりガイド」

※掲載している情報は2022年4月現在のものです。


『後期のたまごクラブ』2022年春号には、赤ちゃんのお部屋づくり特集があります。

後期のたまごクラブ 2022年春号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。