SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. おのののかさん「妊娠中は我慢しなくちゃいけないことが多くて…」もやもや気分の解消に大切だった、ほっとできる自分時間

おのののかさん「妊娠中は我慢しなくちゃいけないことが多くて…」もやもや気分の解消に大切だった、ほっとできる自分時間

更新

昨年の10月に第一子となる女の子を出産した、おのののかさん。インスタグラムの育児に関する投稿は多くのプレママ・プレパパたちの共感を呼んでいます。今回は、おのののかさんの妊娠中のことや、休息時間、お子さんへの想いをお聞きしました。

★アンケートご協力で抽選プレゼントも! ぜひ最後までお読みください

想像以上に大変…長く感じた10カ月間

Q初めてのマタニティライフは、いかがでしたか?
妊娠がわかったときはとてもうれしかったのですが、体調面でも精神面でも大変なことが多くて、10カ月間はすごく長く感じました。安定期に入るまでは気持ち悪くなったり、疲れやすかったり、息切れすることも。おなかが大きくなってからも夜眠れなかったり、腰が痛くなったり…体調が万全な日はなかったですね。眠けがひどくてだらだら過ごす日が続くと“こんなんで親になれるのかな?”って、自己嫌悪に陥ってしまうこともありました。あと、スポーツやお酒、コーヒーと、妊娠中に避けなければいけないことばかりが好きだったので、我慢するのはつらかったですね…。

そんな、もやもや気分を解消するために、できる範囲でリラックスする時間を作るようにしていました。

妊娠中・授乳中でもOK!リラックスタイムに楽しめる本格緑茶

ほどほどに自分を甘やかすことも必要

Qリラックスするために、どんなことをされましたか?

妊娠中、お散歩中のおのののかさん(@ononono_ka)

散歩したり、マタニティマッサージに行ったり、できる限り体を動かすようにしました。おいしいものを探して食べに行くのも楽しみでしたね。妊娠中にハマったのが、火鍋とか辛いラーメンとか、とにかく辛いもの。今思うと、我慢していた刺激を辛さで補おうとしていたかもしれません(笑)。カフェインを控えなければと思っていたので、コーヒー好きの私のために夫がおいしいデカフェのコーヒー豆を買ってきて、淹れてくれたりもしました。

日々大変なことが多かった妊娠中は、1日1回自分にごほうびをあげたくなっちゃって…(笑)。甘い物が好きな私は、お菓子タイムにカフェインゼロの生茶を合わせて楽しんでいました。
実は、カフェインゼロの緑茶があることを知らなくて、たまたま妊娠7カ月のころ、夫婦で出かけた先で出してもらったのが、カフェインゼロの生茶でした。緑茶は控えるものだと思っていたところに、カフェインゼロの生茶が出てきたので、「こんなのあるんだ!」とうれしくなってゴクゴク飲みました。
しかも、とってもおいしくて。これ、本当にカフェインゼロ?と驚くほど香りも風味もよくて、リラックスタイムにぴったりで。
妊娠中はもちろん、授乳中の今もすごく助かっています。

妊娠中・授乳中でもOK!本格緑茶なのにカフェインゼロ※1のおいしさのヒミツとは?

※1 0.001g(100ml当たり)未満をカフェインゼロ(0g)と表記

妊娠中はネガティブなことも考えがちですが、ほどほどに自分をあまやかしていいと思います。これを読んでいらっしゃる妊婦さんには、「子育てが始まると自分の時間が本当に少なくなるので、今だけの自分時間を大切に、ゆったりと過ごしてほしい」とお伝えしたいですね。

子どもが大きくなったときの環境についても考えるようになりました

Qお子さんが生まれてから、心境の変化はありましたか?
実は、病院から退院したその日に不安すぎて涙が止まらなくなっちゃって。一生この子の母親として育てていかなければと思うと…正直不安になりましたね。でも、夫や家族に手伝ってもらいながら、最近少しずつ親になってきたかなって感じです。

2021年生まれの娘は、22世紀も生きるであろう未来人。そのときの地球がどんなふうになっているか考えると、環境問題についても考えるようになりました。ベビーカーにはいつもエコバッグを入れて持ち歩くとか、小さなことからですが環境にやさしい行動を意識しています。最近は、子ども服も環境に配慮されているものがありますよね。普段のお買い物でも、自然とエコなものに目がいくようになってきました。

また、これは生まれる前からなのですが、手作りにはまってしまいました。先日は妊娠中から編んでいた、ベビー服をようやく完成させました。コロナ禍ということもありおうち時間が長かったので、ミシンを買って、気合を入れて作り始めたら、楽しくて♪ 物を大切にする気持ちとともに、すごく充実した自分時間になりました。

環境にやさしいペットボトルを使用「生茶」のR100ペットボトルとは?

ママにやさしいカフェインゼロ飲料

キリンの「生茶 カフェインゼロ」は、摘みたて生茶葉のようなあまみが生きた、すっきりとした味わいのカフェインゼロの緑茶です。キリンの独自技術で、うまみ、コクを残しながら、天然由来の素材でカフェインを除去。さらに100%リサイクルペットボトルを使用し、製造時の石油由来樹脂使用料を90%削減、CO2排出量も50~60%削減しています。カフェインゼロで本格緑茶のおいしさを楽しめ、妊婦さん、そして環境にもやさしい、緑茶で初めて※2のカフェインゼロ※1飲料です。
※まる搾り生茶葉抽出物 加熱処理
※1 0.001g(100ml当たり)未満をカフェインゼロ(0g)と表記
※2「生茶 カフェインゼロ」は、ペットボトル入り緑茶史上初(100ml当たりカフェイン含有量0.001g未満のPET容器詰め緑茶飲料、2014年2月SVPジャパン調べ)となる 「キリン やさしさ生茶 カフェインゼロ」を踏襲した商品です。

図書カードネットギフトが当たるアンケート実施中!

アンケートに回答された方の中から抽選で20名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント! ぜひ、あなたの声をお聞かせください。

アンケートに参加する

協力/キリンビバレッジ株式会社

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。