SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. 妊婦さん必見!いよいよ臨月、家事、お出かけ “してはいけないこと" Q&A【専門家】

妊婦さん必見!いよいよ臨月、家事、お出かけ “してはいけないこと" Q&A【専門家】

更新

公園のベンチに座っている妊娠中の女性
west/gettyimages

妊娠36週からは“臨月”と呼ばれる時期に入ります。出産までいつもどおりの生活でいいのか、注意点は何なのか、助産師の今井 咲さんに聞きました。

“臨月”って何?

臨月とは、出産予定日まで約1カ月となる、妊娠10カ月(妊娠36週0日)以降のこと。臨月に入って1週間後の妊娠37週0日からは、いつ赤ちゃんが生まれてもいい“正期産(せいきさん)”の時期になります。

お産が近づくと子宮は最大限に大きくなり、臨月には1日20g前後のペースで赤ちゃんが大きくなるといわれています。また、お産に向けて赤ちゃんが骨盤のほうへと下がる準備を始めるため、おなかのふくらみの位置が下がったり、恥骨(ちこつ)や足のつけ根が痛くなったりと、ママの体に変化が現れることもあります。

妊娠経過が順調であれば、家に閉じこもっている必要はありませんが、臨月はいつお産が始まってもおかしくない時期。遠出は控え、外出時はいつでも産院へ連絡できるようにしておきましょう。

Q. 臨月の家事でしてはいけないことってある?

A. 気をつけたいのは、水仕事や涼しい場所での家事で手足が冷えないようにすること、同じ姿勢で立ちっぱなしにならないようにすることです。布団の上げ下ろしなどの腹圧がかかるものや、高い所に洗濯物を干すのも控え、パパなどにやってもらいましょう。

Q. 遠出はダメだけど、どこまでなら外出していいの?

A. 目安としては、1時間以内で自宅に戻ってこられる範囲だと安心です。万が一、何かあった場合に備えて、1時間以内にかかりつけの産院を受診できる場所にしておくといいでしょう。

自分がよく知っている場所であれば、1人で外出しても問題ありませんが、いつでも受診できるように母子健康手帳と診察券、健康保険証などは携帯しましょう。

Q. 便秘ぎみ。トイレで強くいきんでもいい?

A. 腹圧が強くかかる行為は控えたいところ。便秘の妊婦さんは、かかりつけの産院で便秘薬を処方してもらい、強くいきまなくても済むようにしましょう。排便時、脚台を置いて足を高くしたりすると排便しやすくなりますよ。

監修/今井 咲さん 取材・文/たまごクラブ編集部

「臨月になるとホッとして気がゆるみ、体重が一気に増えてしまう人も」と助産師の今井さん。出産まで体重コントロールに気をつけつつ、リラックスして赤ちゃんに会える日を待ちたいですね。



参考/『後期のたまごクラブ』2022年春号「臨月&お産の始まり、こんなときどうしたら?Q&A46」

※掲載している情報は2022年5月現在のものです。

『後期のたまごクラブ』2022年春号には今井助産師が監修協力をした「臨月&お産の始まり、こんなときどうしたら?」という特集があります。

後期のたまごクラブ 2022年春号

たまひよSHOPで見る

■おすすめ記事
0~5カ月、新米ママ&ベビーの「うまくいかない」授乳の悩みはこう解決

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。