SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. たまひよ妊娠日記【産後】加藤 愛さん/出産編

たまひよ妊娠日記【産後】加藤 愛さん/出産編

更新

妊娠中のリアルな生活や体の変化を追いかける「たまひよ妊娠日記」。
加藤 愛さんは出産予定日の4日後に男の子を出産。
帰宅後、パパのデコレーションサプライズに感激したそうです。

加藤 愛さん(31才)&綜太(そうた)くん

看護師をしています。
息子の名づけは京都の晴明神社に依頼。
いただいた候補の中から選びました。
「綜」には「人をまとめる。一族を束ねる」などの意味があるそうです。
長男にはぴったりの名前だし、落ち着いた印象の漢字が夫婦ともに気に入って。
最終的には、生まれた赤ちゃんの顔を見て決めました。

出産予定日を4日過ぎての出産となりました

40週4日目の朝、腹痛で目が覚めました。
いつもと違う痛みだったので陣痛かも?と思い、痛みの間隔を測ったところ、10分間隔。
産院に連絡をしてすぐに向かいました。
そのころには、痛みが5分間隔になっており、
産院に到着後、子宮口が開いてきていたので即、入院となりました。

入院後は1時間に1回、助産師さんが様子を見にきてくれて
「水分をとってね」「食べられるようなら食事をしてね」と言われましたが、
とても食事をする気にはなれず…。
息をフーッと吐いていきみ感を逃したり、いろんな体勢を試したりしながら、
ひたすら痛みと格闘。
ようやく分娩台に移動できたのは、18時過ぎ。
子宮口が全開大になるまで、いきめないことがとてもつらかったです。

19時すぎにやっと子宮口が全開大になり、20時ごろにいきみを開始。
赤ちゃんの頭が出るまでが大変でした。
頭が出たころに体力の限界を感じましたが、最後の力を振り絞りました。
子宮がグーッと広がった感覚があった直後に無事、出産。
元気な産声(うぶごえ)を聞いて安心しました。



【出産日】40週4日
【お産の始まり】陣痛
【お産のスタイル】自然分娩
【所要時間】12時間47分
【赤ちゃんの出生体重】3334g
【夫の立ち会い】あり

親子3人の時間がわずかなのが残念でした

夫は出産15分前に産院に到着し、立ち会い。
出産後は「よかったね」と安心した様子で声をかけてくれました。
感染症対策で、夫はその後、すぐに退室。
親子3人の時間が短かったのがとても残念でした。

わが子を初めて抱けた感動のひとときでした

出産後、私の後処置などを終えてからの早期母子接触。
朝からろくに食事もとれておらず、疲れでふらふらでしたが
元気な綜太を胸に抱くことができて、
いとおしさと喜びで胸がいっぱいになりました。

入院中の食事はボリュームたっぷりでした

写真はお祝い膳。
久しぶりのお刺し身にテンションUP!
入院中の食事はどれもおいしかったのですが、
量が多くて完食するのが大変でした。
和食、洋食はもちろん中華やエスニック料理の日などもあり、
毎食楽しみでした。
毎回、夫に写真を送っていたのですが
「オレは毎日、家でお総菜を食べているのに…うらやましい!」と言われ、
少しかわいそうでした(笑)。

入院生活中の感染症対策は万全

コロナ禍のため、入院中、助産師さんからの育児指導などは、
タブレットを使っての、リモートでした。
部屋の移動などがなかったので、
綜太とゆっくり過ごすことができました。

退院時にやっと撮れた親子3人ショット

退院時、やっと綜太を抱っこできた夫。
「ただただ、生まれて来てくれてありがとう。
やっと抱っこすることができて、とてもうれしかった」と思ったそうです。
私には「ありがとう。お疲れさま」と言ってくれました。
一緒に迎えにきてくれた義弟も、とても喜んでくれました。

自宅には夫からのサプライズが!

自宅リビングに夫がデコレーションサプライズをしてくれていて、びっくり。
ネットなどで調べて、1人で風船をふくらませて飾りつけてくれたそうです。
退院までの期間、毎日カウントダウンして
楽しみにしてくれていた夫の思いとやさしさに感涙でした。

念願の沐浴ができて母もうれしそうでした

母は「小さいね~。かわいくてしかたがない」と、
息子に会うと、とてもうれしそう。
母の念願だった“孫の沐浴(もくよく)”をしてもらったのですが、
とても気持ちよさそうな綜太の表情に私も癒やされました。


監修/中川一平先生(帝京大学医学部付属病院 産婦人科助教、外来医長)

まとめ/西岡範子、たまごクラブ編集部

●内容は22年7月現在のものです。

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。