SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. たまひよ妊娠日記【産後】加藤 愛さん/産後の生活編

たまひよ妊娠日記【産後】加藤 愛さん/産後の生活編

更新

妊娠中のリアルな生活や体の変化を追いかける「たまひよ妊娠日記」。
男の子を出産した加藤 愛さんの産後を取材しました。
出産後に乳腺炎になったそうです。

※写真はカメラマンに撮影してもらったバースフォト。

加藤 愛さん(31才)&綜太(そうた)くん

看護師をしています。
息子の名づけは京都の晴明神社に依頼。
いただいた候補の中から選びました。
「綜」には「人をまとめる。一族を束ねる」などの意味があるそうです。

おむつ交換台を使うようになり、腰痛がラクに

産後、綜太を床などに寝かせた状態で、
かがんでおむつ替えをしていたことが原因で腰痛に。
ネットで、立った姿勢でおむつ替えができるおむつ交換台の存在を知り、
早速ゲット!
腰をかがめることなくお世話ができるので腰への負担が軽減されました。
キャスターつきなのでリビングやベッドルームなどに
移動して使える点も気に入っています。

母のサポートがありがたいです

産後、実家の母が私の体調が安定するまでのサポートで
自宅に滞在してくれています。
1〜2時間くらいなら母が綜太を見てくれるので、
用事があるときなど1人で外出させてもらっています。
私の気分転換にもなるのでとっても助かります。

夫のよきパパぶりに感動

綜太のお世話は頼まなくても率先してやってくれる夫。
綜太がかわいくてしかたがないそうです。
いちばん楽しいお世話は、おむつ替えだそう。
産後の1カ月健診が済んでから、私の実家に綜太と里帰りをする予定なのですが
綜太と離れたくない夫のために、滞在期間が短くなりそうです。

だんだんメリーを目で追うようになりました

まだ、ぼんやりとしか見えていない時期だと思いますが
産後1カ月たたないうちから、だんだんおもちゃの動きを目で追い、
音が鳴るものにも反応するようになりました。
私や夫の顔をじっと見つめたり、
時々、笑うようになったりと、かわいさが右肩上がりです。

出産後、乳腺炎になりました

産院を退院したあたりから母乳の出がよくなり、よく胸が張るように。
一度、痛みがあったときは綜太に母乳をあげているうちに直りました。
二度目に痛みを感じたときに産院で診てもらい、
処方してもらった抗生剤と漢方薬を服用したところ、翌日には直りました。
それ以来、胸が張るなと思ったら搾乳をしています。
愛用しているのは、“メデラ”の電動搾乳器。
母乳は冷凍しておき、私が母乳をあげられないタイミングなどに
解凍して活用しています。

お気に入りの授乳クッション

“10mois(ディモワ)”というブランドの「Pitatto Fit Cushion(ピタット フィット クッション)という授乳クッション。
ベルトでクッションの角度を調節して
赤ちゃんを抱っこしやすい位置に置けるので便利。
赤ちゃんがおなかの中にいたときと似たような、
背中を丸めた姿勢がキープできるくぼみが真ん中にあるのですが、
綜太もこのクッションの上では安心できるのか、
授乳後にそのまま眠ってしまうことが多いです。

周囲の雑音が気にならない綜太は大物の予感⁉︎

産後の入院中は少し夜泣きがあり、
ベッドに寝かせた途端に泣くこともあったので
「これがいわゆる背中スイッチか〜」と思っていました。
それが、退院後は夜泣きがなくなり、
夜中に泣くとしてもおなかがすいたときのみで
授乳するとその後は泣きません。
産後の入院中は母乳の出がいまひとつだったので、
おっぱいがたりなくて泣いていたのかな?
最近は、一度眠るとリビングなどで家族がわいわい話をしていても
起きないほどの大物ぶりを発揮しています。


監修/中川一平先生(帝京大学医学部付属病院 産婦人科助教、外来医長)

まとめ/西岡範子、たまごクラブ編集部

●内容は22年7月現在のものです。

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。