SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. もうすぐ出産の妊婦さん必見! 臨月のお出かけで気になることQ&A【産婦人科医】

もうすぐ出産の妊婦さん必見! 臨月のお出かけで気になることQ&A【産婦人科医】

更新

妊娠中の女性に公園
west/gettyimages

臨月とは、出産予定日までの約1カ月となる、妊娠10カ月(36週0日以降)のこと。妊娠37週0日からは、赤ちゃんが成長し、いつ生まれてもいい“正期産(せいきさん)”の時期に入ります。お産前のこの時期に気になることを、産婦人科医の笹森幸文先生に聞いてきました。

臨月のお出かけで気になることQ&A

産婦人科医の笹森幸文先生に聞きました。

Q:ちょっとお出かけしたい。どこまでOK?

A:1時間以内に帰宅できる範囲で

遠出はNG。1時間以内に自宅に戻ってこられる、かかりつけの産院に受診ができる範囲が目安です。臨月だからといって、外出時に誰かに付き添ってもらう必要はありませんが、1人で外出するなら、よく知っている場所であるほうが安心です。

Q:臨月のお出かけの必需品は?

A:万一の受診や破水対策に必要なグッズを 

出先で体調不良になったときのために、母子健康手帳や健康保険証、診察券、スマホ、財布は必需品。また、突然の破水に備えて、夜用ナプキンやタオルも持っておいて。ビニールシートはタクシーに乗った際の破水対策に。熱中症予防に水分補給になるものも忘れずに。 


【持ち物チェック!】

□母子健康手帳 
□健康保険証 
□診察券 
□スマホ 
□財布 
□夜用ナプキン 
□タオル 
□水分補給になるもの 
□レジャーシート(ビニールシート)

Q:旅行に行ってもいい?

A:近場でもやめておくことをおすすめします

旅行は遠出になることが多いので、やめましょう。「近場ならいいよね」と思うかもしれませんが、お産が始まったら大変です。万一、旅行先で体調に変化が表れたら、慣れない産院で診てもらうことになる可能性もあるため、おすすめできません。

監修/笹森幸文先生 取材・文/たまごクラブ編集部

産後しばらくは赤ちゃんのお世話で忙しいうえに、母体の回復のため、外出はしばらく控えたいもの。「赤ちゃんが生まれる前にあれもこれもやっておきたい」「旅行も行っておきたい」…など、臨月になると思うことは色々あるでしょう。「できれば今のうちに…」という気持ちはわかります。でも、いつお産が始まってもおかしくない時期です。遠出をしたり、慣れない場所に行くのは控えたほうが安心です。普段どおりの生活を心がけ、赤ちゃんに会えるその日をゆったりと待ちましょう。

参考/『後期のたまごクラブ』2022年夏号「妊娠後期を安心に過ごすためのママと赤ちゃんの見通し&やることのすべて」

●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

『後期のたまごクラブ」2022年特夏号では、巻頭大特集「妊娠後期を安心に過ごすためのママと赤ちゃんの見通し&やることのすべて」があります。

後期のたまごクラブ 2022年夏号

Amazonで購入する(送料無料)

楽天ブックスで購入する(送料無料)

たまひよSHOPで購入する(たまひよセット割実施中!)

雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」はたまひよSHOPでの購入がおすすめ

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。