SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. 立ち会い出産
  5. 「お産の途中で、産むのやめて帰ろうとした」「夫の股間に裏拳」「出てくる気がない我が子」思い通りにならないのが出産の醍醐味⁉ 出産爆笑エピソード

「お産の途中で、産むのやめて帰ろうとした」「夫の股間に裏拳」「出てくる気がない我が子」思い通りにならないのが出産の醍醐味⁉ 出産爆笑エピソード

更新

病院の母の生まれたばかりの赤ちゃん、赤ちゃんと妻を愛情を込めてハグ支持の父を保持します。現代の配達区に幸せな家族。
gorodenkoff/gettyimages

「たまひよ」アプリユーザーに、「叫んでしまった言葉、あわてて後悔していることなど思わず笑ってしまう出産エピソードを教えてください。」と、募集したところたくさんのエピソードが届きました。また、総合病院・クリニック・助産院など様々な場所に勤務し、これまでに数千人の母子のケアに携わられた、助産師の浜脇文子先生から出産時の心構えについてのアドバイスもいただきました。

現実のお産って展開が読めないのよね編

「私は全然覚えてないのですが、陣痛が辛すぎて陣痛の合間に『もういい。産むのやめます』と言って、靴を履いて帰ろうとしたらしいです。夫は『あれ?途中でやめられるんだっけ?』と混乱したそうです(笑)」(ジェラート)

「陣痛が辛すぎて『一旦家に帰りたい!』と助産師さんに懇願して困らせました」(ぷぺ)

「陣痛中、おしりの穴を押すのが下手すぎた夫にキレて手を振り上げたら、裏拳が股間にクリティカルヒット! 手加減無しのフルパワーだったのでそのままうずくまって10分くらい立てず、ナースコール押したらしい……」(くろ)

「出産は大きな便が出る感じって言うけど、まさにそんな感じで、ナースコールを連打して『う○こ出そうです!!!!出ます!!』と、大声で叫んでいました」(はなこ)

「もう産まれるー!っていきんだら、娘ではなくオナラが出て笑った」(わらび)

「促進剤を使ってもまったくお産が進まず、帝王切開となりました。不安でたまらなかったけど、おなかから出てきた瞬間に先生から『指しゃぶってるねー!出てくる気なかったね、この子』と、言われて緊張や不安が吹き飛んで笑ってしまいました」(みっこ)

「無痛分娩でしたが、子宮口が4㎝になるまでは麻酔が打たれず夫の立ち会いも出来ませんでした。陣痛の痛みに耐えている間、夫に『痛い、早く病院に来て』と、泣きながら連絡。しかし夫が向かっている間に子宮口が4㎝になったので麻酔がはいり、夫が到着する頃にはいびきをかいて寝てました」(やぶき)

「無痛分娩希望でしたが陣痛が弱くなり、陣痛促進剤を大量に投与されて無痛の意味はなし。立ち会いの夫が場をなごませようと私にじゃれてきたのですが、イラ立っていた私は『余計な事すんな!』と、叫んだら、正面にいた先生は自分が言われたと勘違い。気まずい雰囲気になりました」

「赤ちゃんが出た後なかなか胎盤が出てこず、助産師さんから先生に交代。先生はまだ股から出ているへその緒を持って『見て!こんなに長い!』と、嬉しそうな顔で脚の間から私に見せてくれました。普通の長さを知らないので『そうなんですね』としか言えませんでした。早く脚を閉じたかったです」(おゆか)

「新幹線の距離の里帰り出産でしたが、夫が立ち会いを希望。初産だったので前駆陣痛の時点で連絡をしました。ところが病院についたら子宮口が全開。分娩台に上がって7分後、夫に電話して40分後には元気な赤ちゃんが誕生。夫はそのとき新幹線のホームにいたそうです (笑)」

さすがプロ。先生&助産師さんありがとうエピソード

「帝王切開の手術がこわすぎて、目が合った助産師さんに『終わるまで目を合わせてください』と、お願いしました。くりくり目を開けて合わせてくれていたのに、さっと避けたんです。一瞬不安になるも視界には赤ちゃんが。カッコよかった……」(ハシヤスメ)

「子宮口全開で、さぁ!いきむぞ!と、いきんだらアレ? 自分でもわかる。うんちがコロコロ(笑)赤ちゃんではなく便が出る。先生や助産師さんは慣れているようで、ささっと産褥シートを新しいのに替えてくれました」(いちご)

「やっと生まれたと安心したのもつかの間、胎盤が出てこず胎盤用手剥離を行うことに。下から手を入れられ、出産よりも激痛で『休憩、休憩してーー!!』と、叫んだけれど手は止まらず。
やっと終わった時には1.5Lの出血。輸液の点滴をしながら分娩台から降り、先生から『休憩しなくてごめんね』と声をかけられ『いや...先生も...お疲れ様でした...』と、お互い労ってから意識遠のきました」(じる)

「一歩動くだけで痛みが襲うなか必死にタクシーに乗り込み、産院にたどり着いて安堵の涙を流すも、まだ赤ちゃんが下りていないと別室で待機となり、痛みで我を忘れて叫び続けました。最後は泣きながら『もう産ませてください』と、懇願。促進剤を使って15時間かかってようやく息子を出産。が、胎盤が出てこず胎盤用手剥離に。疲労困憊の身体に激痛はかなりこたえて、息子とあらためて会えたのは翌日の午後でした。
無駄にいきみすぎたので痔も悪化。先生の『ここまでひどいのは初めて。こりゃひどい(笑)』と、軽く笑ってくれたのが逆に救いでした」

「立ち会いを希望せずに出産しました。後日、母子手帳の出産に関するページを見ると『初めての出産、1人でよく頑張りました!』と、担当の先生からのコメントが。褒めてもらえたような気持ちになり、なんだか嬉しくなりました」(はるはるもいもい)

父よ、しっかりしてくれエピソード編(感動もあるよ)

「里帰り出産でした。いよいよ陣痛らしきものがきたと思い、夫に『おなかが痛いから病院に行ってくる』と連絡。予定日も近かったのに夫は普通の腹痛と思っていたらしく、産まれた報告にとっっっても驚いたそうです……。おいおい」(ぐーふぃー)

「微弱陣痛で促進剤投与での初出産。丸一日以上経っても生まれる気配はなく、助産師さんが『体力落ちてるしメンタルもきてるから、ちょっと早いけど立ち会い予定の夫さん呼ぼう!』と、連絡してくれました。夫が到着するも、私の叫ぶ姿を見て夫は血の気が引いてフラフラに。助産師さんに『夫さん一回外出よう!倒れても構ってる余裕ないから!』と、言われる始末……。
それを見た私は逆に冷静に。イメトレ通りに呼吸法でいきむことができ、再び夫を呼び戻して無事立ち会い出産できました。しばらくナースステーションで『倒れかける夫と、逆に冷静になって出産に臨んだ嫁』と、話題になっていたそうです」(ぐれこっこ)

「今の夫は再婚で、3人目の子が夫との初めての子どもでした。夫の希望で長女と一緒に立ち会ってもらったのですが、赤ちゃんが出てくるところで夫が倒れそうになり、出産よりそっちが気になって集中出来ませんでした(笑) 生まれた時には夫は大泣き。とても嬉しかったです」(ゆいたちょママ)

「夫は立ち会い出産を希望するも、採血で倒れてしまうような人。案の定、分娩室に入って5分で気分が悪くなり椅子を用意してもらい、私のイタイー!!と叫ぶ声に耐えられずドアの外へ。
生まれる瞬間は戻ってきましたが、怖くて見られなかったそうです。でも処置後しばらく3人で撮影大会。『動いてる!』と、喜んでいる姿が微笑ましかったです」(jurimom)

「生まれた直後、立ち会っていた夫に涙目で『無事産まれたね!』と、言おうと横を見たら、私より先に大号泣。私の涙は引っ込んで大爆笑でした(笑)」(ゆらママ)

笑いあり、必死感あり、ハプニングあり、そして涙ありの出産エピソードが届きました。ベテラン助産師の浜脇文子先生に聞きました。

「出産とは、赤ちゃんだけでなく“お父さん&お母さん誕生”の瞬間でもあるのです」と、専門家

「お産はドラマです。ヒ・ヒ・フーで産まれるなんて甘い甘い(笑) 理性がぶっとぶほどの痛みに耐えているのに、優等生でいる必要はないし、恥ずかしいと感じる必要はないのです。それはお父さんも同じです。

立ち会い出産でのお父さんエピソードなんて、本当にアルアル話です。
しっかりと妻の横に寄り添って甲斐甲斐しくフォローするお父さんもいますが、いわゆるパニックになるお父さんもいます。
陣痛室&分娩室と言う異空間、血の色や匂い、さらに妻は痛みに苦しんでいるのに自分は何もできない虚無感で、打ちのめされるらしいです。

でもね、ベテランの助産師ほど “お父さん盛り上げ隊”と、なってお父さんをフォローします。なぜならお産は、赤ちゃんだけでなく“お父さん&お母さん誕生”の瞬間であり、それを手助けするのも我々の仕事だからです。

そしてとっても不思議なんですが、お父さんがパニックになるとほとんどの妊婦さんが正気に戻るんです(笑) エピソードにもありますが、痛みに耐えながらも冷静になり(私はこれを『魂入った』と、表現します)、お産が進むんです。
私はたくさんのお産に立ち会いましたが、夫婦でパニックはかなり稀です。 “母は強し”とつくづく思います。

お産は、家族にとって様々ドラマが生まれる場です。上手くいかないことも、奇跡みたいな幸せなことも、家族の思い出として大切に語り継いでいきましょう」

濵脇文子(はまわき ふみこ)

助産師・保健師・看護師。大阪大学招聘准教授。星薬科大学非常勤講師。総合病院・クリニック・助産院など様々な場所に勤務。母と赤ちゃんの笑顔が大好きで、数千人の母子のケアに携わります。産前産後ケアセンターの立ち上げに参加したり、民間企業での事業開発など多方面で活躍。自治体の講演や各種メディア執筆では、ひとりひとりのペースにあわせた母に寄り添う姿勢と、明るく軽快な語り口で人気を博します。

文/和兎 尊美

※文中のコメントは「たまひよ」アプリユーザーから集めた体験談を再編集したものです。
※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

妊娠・出産にオススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

■おすすめ記事
お子様の月齢に合わせた遊びをセットでお届け。0歳むけ<こどもちゃれんじ>

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。