SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. たまひよ妊娠日記[産後]土屋 茜さん/出産編

たまひよ妊娠日記[産後]土屋 茜さん/出産編

更新

妊娠中のリアルな生活や体の変化を追いかける「たまひよ妊娠日記」。
土屋 茜さんは、予定日よりも10日早く男の子を出産。初産にもかかわらず、超スピード出産だったそうです。

土屋 茜さん(36才)&緑久(ろく)くん

航空会社の広報。産休に入ってから里帰りし、出産。
退院後、夫が赤ちゃんに対面してから、名前を決めました。妊娠中に目にする木々の緑が好きだったので「緑久」と、名づけました。

入院したときには子宮口が、ほぼ全開!

妊婦健診の翌日に茶色のおりものがあり、その翌日の夜には生理痛のような腰痛が。深夜に子宮がキュ~ッとなるような痛みで目が覚めました。
痛みが不規則なので前駆陣痛(ぜんくじんつう)なのかどうか迷っていたら、午前3時半ごろには、腰痛と腹痛に加えて、吐きけも。それでも、本当の陣痛はもっと痛いに違いないと思って我慢していたら、陣痛間隔が3~4分おきになっていました。

両親に付き添ってもらいながら、あわてて入院したところ、子宮口はすでに9㎝開いていました。
新型コロナウイルスの検査で陰性を確認してから、分娩(ぶんべん)室に直行し、そこから約1時間という超スピード出産! 赤ちゃんの元気な泣き声が聞こえた瞬間、安心しました。

私が出産の報告をしたとき、夫は産院に向かう途中で、新幹線の駅にいました。
ビデオ通話で赤ちゃんに対面した夫は、「パパだよ~」とニコニコ話しかけていましたが、実はとても緊張していたそうです。

【出産日】38週4日
【お産の始まり】陣痛
【お産のスタイル】経膣(けいちつ)分娩
【分娩所要時間】2時間46分
【赤ちゃんの出生体重】3090g
【パパの立ち会い】なし

出産翌日から母子同室に

出産当日は母子別室でしたが、少しの時間だけ赤ちゃんと過ごすことができました。
翌日は完全に母子同室。授乳と排せつのたびに、ノートに記録します。

夫のメッセージつきフォトスタンド

入院中は面会NGでしたが、夫がマタニティフォトを入れたフォトスタンドを差し入れてくれました。
写真の裏には、「すてきな赤ちゃんを守ってくれてありがとう」のメッセージが。入院中、枕元に飾っていました。

3時のおやつが毎日の楽しみ♪

入院中は、毎日3時におやつが出ました。とくにモンブランと和菓子がお気に入りでした。

退院日、夫が赤ちゃんにリアル対面

退院日は実家の父と夫が迎えに来てくれました。
夫は産院を出るところから、スマホ動画を撮影していたので、ユーチューバーみたいだな、と思いました(笑)

監修/中川一平先生(帝京大学医学部付属病院 産婦人科助教、外来医長)
まとめ/栗本和佳子、たまごクラブ編集部

●掲載している情報は2022年10月現在のものです。

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。