SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. たまひよ妊娠日記[妊娠初期の様子]井上美穂子さん

たまひよ妊娠日記[妊娠初期の様子]井上美穂子さん

更新

妊娠中のリアルな生活や体の変化を追いかける「たまひよ妊娠日記」。現在妊娠5カ月の井上美穂子さんに、妊娠4カ月までの生活を振り返ってもらい、話を聞きました。
つわりがひどく、食べたいおすしの動画を見ながら白湯を飲むような毎日だったそうです。

井上美穂子さん(35才)

フリーランスの婚活アドバイザー。家族は夫と豆柴(しば)の茶太朗(6才)。
妊娠してからは仕事をセーブして、ほぼ在宅に。出産は無痛分娩にする予定です。

妊活を始めて3カ月目に妊娠!

超音波写真はアルバムホルダーに。何度も眺めています。

結婚して2年がたち、そろそろ子どもがほしいと思うようになり、不妊治療専門のクリニックに行きました。
最初に妊娠しやすさを診るための検査をしたところ、あまり数値がよくなかったので、がっかり…。取りあえず、排卵日を予測してチャレンジする「タイミング法」をスタートしました。
そして、妊活を始めて3カ月目に、妊娠判明! こんなに早く妊娠できるとは思っていなかったので、夫も私もびっくりしました。

おなかの赤ちゃんは双子かも!?

念願通り妊娠できましたが、超音波画像を見た不妊治療クリニックの先生からは、「双子かもしれない」と、驚きのコメントが! 双子を授かることはまったく想定していなかったので、戸惑いました。
その後、別の産院へ行き、双子ではないことが判明しました。

新型コロナ? 妊娠の影響? 妊娠判明前から体に異変が

つわりで食べられないときも、デカフェのコーヒー牛乳やアールグレイは飲めました。

妊娠がわかるちょっと前から、深呼吸しても3分の1くらいしか息が吸えないような感覚になり、坂道を上ったりすると、すぐに息が上がるようになりました。
「新型コロナウイルスに感染しているのでは?」と不安になりましたが、妊娠判明後、その症状は自然に治まりました。
息苦しい症状に代わって、現れたのが、吐きけです。食べたい気持ちはあるのに、実物を前にすると気持ち悪くて食べられない日々が続きました。その間、グミや果物を食べたり、白湯を飲んだりしながらしのいでいました。

妊娠4カ月の後半、つわりから解放されました!

つわりが落ち着いて、焼き肉屋さんにGO!

妊娠を機にツイッターを始めました。つわりが重いときは、同じ週数のつわりで苦しんでいる妊婦さんのツイートを見て、自分一人じゃないんだと勇気づけられました。
つわりが落ち着いてきたのは、妊娠4カ月の後半。やっと好きなものが食べられるようになったので、早速、焼き肉屋へ。しっかり焼いてもりもり食べて大満足でした。

監修/中川一平先生(帝京大学医学部付属病院 産婦人科助教、外来医長)
撮影/橋詰かずえ(プロフィール写真) まとめ/栗本和佳子、たまごクラブ編集部

●掲載している情報は2022年11月現在のものです。

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。