SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. たまひよ妊娠日記[妊娠7カ月(26週)ごろ]松永理奈さん

たまひよ妊娠日記[妊娠7カ月(26週)ごろ]松永理奈さん

更新

妊娠中のリアルな生活や体の変化を追いかける「たまひよ妊娠日記」。
松永理奈さんは、妊娠7カ月に入ってすぐに新型コロナウイルスに感染。自宅療養していたそうです。

松永理奈さん(29才)

専業主婦。病院で看護助手として働いていましたが、妊活のために退職。その2カ月後に妊娠が判明。
「総合病院での立ち会い出産を予定しています」

新型コロナに感染。軽症で済みました

妊娠7カ月直前の健診で、赤ちゃんの性別がほぼ女の子だとわかり、ジェンダーリビールケーキを作って発表しました。
性別が判明したので、「出産準備を本格的に進めよう!」と、思った矢先、夫が新型コロナウイルスに感染しました。2日後には私もPCR検査で陽性になり、夫はホテル療養、私は自宅療養に。
私は微熱と関節痛が1日ありましたが、あとはせきと鼻水程度で済みました。
夫と離れていた1週間は、「急に症状が悪化したらどうしよう…」と、心細かったです。
幸い、2人とも元気に回復して療養期間も終えたので、再びお出かけもできるようになりました。

マタニティウエアを買いました

妊娠中もおしゃれを楽しみたいと思ったので、韓国の通販サイトでマタニティウエアを購入。
産後も着られそうなデザインです。

理想のマザーズバッグを発見!

ディズニーストアで、希望にドンピシャなリュックを見つけることができました。
開け口が出し入れしやすく、中にはポケットがたくさん。バンビのおむつ替えシートつき。

夫が初の授乳にチャレンジ!

妹と生後1カ月半のおいっこが、遊びに来てくれました。夫はミルク授乳に挑戦。「頭の角度とかが難しいー!」と苦戦しながらお世話していました。

出産予定まで、あと100日

「あと100日なんて、早いな~」なんて話しながら、夫婦で好きなミスタードーナツのドーナツを“0”に見立てて“100日の記念写真”を撮りました。

松永理奈さんの体重変化

妊娠4カ月以降、1カ月に約2㎏のペースで体重が増えています。食欲があるので、食べすぎないように気をつけています。

【妊娠中の悩みをPick Up】

松永理奈さんのお悩みに産婦人科医の中川一平先生が答えてくれました。

Q 出産時のいきみで痔(じ)にならないか、心配。予防策はありますか?

妊娠前から便秘がちで、いきむと痔になってしまうことがありました。出産に向けて、痔を予防するためにできることはありますか?

A 食事や生活習慣を見直して便秘を改善しましょう

便秘になると、どうしてもトイレで力を入れる時間が長くなってしまうので、痔が悪化しやすくなります。 
便秘を解消するためには食生活の見直しも大切。腸の働きを助ける食物繊維や、腸の善玉菌を増やす働きのある乳酸菌や発酵食品を毎日のメニューに取り入れるようにすると効果的です。
妊娠経過が順調な人は、ウォーキングなど適度な運動で腸を刺激するのもおすすめです。
食事や生活習慣を見直しても改善しない場合は、かかりつけの産婦人科医に相談して、便をやわらかくするタイプの下剤を処方してもらいましょう。

監修/中川一平先生(帝京大学医学部付属病院 産婦人科助教、外来医長)
まとめ/栗本和佳子、たまごクラブ編集部

●掲載している情報は2022年11月現在のものです。

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。