SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. たまひよ妊娠日記[産後]石川容子さん/出産編

たまひよ妊娠日記[産後]石川容子さん/出産編

更新

妊娠中のリアルな生活や体の変化を追いかける「たまひよ妊娠日記」。石川容子さんは、妊娠39週4日に誘発無痛分娩で女の子を出産しました。

石川容子さん(37才)&紗衣(さえ)ちゃん

フラワーアーティスト(お休み中)。元歌手。
紗衣ちゃんの命名は、姓名判断のプロである容子さんの実母のアドバイスを参考に、パパが「さ行」の響きと「紗」の字の形が美しいと感じて決めました。

無痛分娩で痛みをコントロールできました

予定どおり、誘発分娩の前日に入院。入院時の子宮口は1.5㎝開大で、ミニメトロを挿入し、無痛分娩に備えて麻酔用のカテーテルを背中に入れました。夕食後、生理痛のような鈍痛を5分間隔で感じましたが、1時間ほどで遠のきました。
翌朝になると子宮口は2.5㎝開大に。人工破膜(はまく)を行い、10時過ぎに陣痛誘発剤の点滴を始めました。

1時間ほどで規則的な陣痛がスタート。昼食後、無痛分娩の麻酔を開始しました。麻酔は15分ごとにボタンを押して自分で追加できるしくみ。痛みを麻酔でコントロールしながら、15時には子宮口が6㎝開大になり、16時に早めに分娩(ぶんべん)室へ。

17時に8cm開大になると、助産師さんの指導で軽くイキみ、赤ちゃんの回転をお手伝い。10回くらいイキむと子宮口が全開大になり、本格的なイキみを開始しました。数回で赤ちゃんの頭が見えたのですが、へその緒がからんでなかなか出てこないため、吸引を行うことに。

18時2分に赤ちゃんが誕生! 私も夫も早期母子接触をすることができました。陣痛は最後まで麻酔でコントロールできましたが、分娩後2時間たっても立ち上がれず、車いすで病室へ戻りました。

【出産日】39週4日
【お産の始まり】陣痛誘発剤
【お産のスタイル】経腟(けいちつ)分娩 
【分娩所要時間】6時間34分
【赤ちゃんの出生体重】2718g
【パパの立ち会い】あり

赤ちゃんが泣きやまない…!

産院に入院中、産院の一角に用意されていたねんねアートコーナーでパチリ。
出産翌日から母子同室の個室で、助産師さんと授乳の練習を始めましたが、母乳とミルクをあげても泣きやまない! おなかの中で羊水(ようすい)を飲んでしまっていたようで、ミルクもあまり飲めず、吐きもどしてばかり。

深夜、隣で「ギャー!」と泣き続ける赤ちゃんを横に、私も号泣しながら夫に電話していました。個室でよかった…。

脚がパンパンにむくんでいました

出産翌日、私はまだ出血量が多く、院内を車いすで移動していました。
脚はむくみでパンパンに…。さらに、泣きやまない赤ちゃんに翻弄(ほんろう)され、私も泣き過ぎて、まぶたもパンパンにむくんでしまいました。

夫と一緒にお祝い膳(ぜん)

退院前夜に夫と2人でお祝い膳(ぜん)をいただきました! 夫婦でゆっくり食事をするのは、これ以降しばらくおあずけかな?

自宅で夫婦2人の育児が始まります

退院時の1枚。
赤ちゃんの退院着は和服型のロンパース。私は想定よりおなかのサイズが元に戻らず、用意していた服が着られませんでした。
帰宅したら、夫婦2人で新生児育児が始まります。うれしさと不安が入り交じった気持ちです。

監修/中川一平先生(帝京大学医学部付属病院 産婦人科助教、外来医長)
まとめ/大部陽子、たまごクラブ編集部

●掲載している情報は2022年12月現在のものです。

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。