1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中のインフルエンザ-対処法や胎児への影響、予防接種の安全性は?

妊娠中のインフルエンザ-対処法や胎児への影響、予防接種の安全性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jovanmandic/gettyimages

毎年、インフルエンザの流行がニュースで流れると気になりますね。大人になってからかかってないから大丈夫、と思っていたら大きな間違い。妊娠中は免疫力が下がった状態で、風邪やインフルエンザにかかりやすいのです。妊娠中はかからないための対策と、かかってしまったときの対処法を知っておくことが大切です。

妊娠中のインフルエンザは危険? かかったらどうなる?

妊娠中は、パパの遺伝子を半分持った赤ちゃんをおなかのなかで育てるため、拒絶反応が出ないように免疫力を下げた状態になります。ですから、風邪やインフルエンザにかかりやすくなり、とくにインフルエンザは重症化しやすいといわれています。かかっても、おなかの赤ちゃんに影響が出るわけではありませんが、高熱が出るとママがつらいので、妊娠中は予防を徹底しましょう。

注意したい! インフルエンザの症状は?

Zinkevych/gettyimages

インフルエンザウイルスが原因で起こる風邪の一種。風邪のときに見られる、せきやのどの痛み、鼻水といった局所的な症状のほか、悪寒、頭痛、倦怠(けんたい)感、関節痛など全身の症状が見られるのが特徴です。とくに38度以上の高熱になるのが特徴的。

妊娠中に予防接種は受けても大丈夫? 予防接種を受けるタイミングは?

妊娠中に予防接種を受けても問題ないのか気になるところ。インフルエンザワクチンはおなかの赤ちゃんへの影響はないとされ、妊娠のどの時期に接種しても問題ありません。ただし、医師によっては妊娠初期は大事をとって接種をすすめないという考えも。主治医の先生に相談してみましょう。また、ママだけでなく、パパや家族が予防接種を受けることも大切です。

予防接種はいつ受けるのがいい?

抗体は接種したあと、2週間ほどでつくられ始め、3~5カ月間ほどもちます。インフルエンザは11月末ごろから流行することが多いので、そのころまでには接種するといいでしょう。母体でつくられた抗体は、胎盤を通しておなかの赤ちゃんに届き、生後しばらくはインフルエンザにかかりにくいといわれています。流行前に出産する場合でも、接種しておくと安心です。

予防接種以外にも日ごろの予防対策が大切!

予防接種を受けたからといって、絶対にかからないとは言い切れません。日ごろから、インフルエンザにかからないために、予防策の実践を心がけましょう。
●外出から帰ったら、手洗い・うがいを徹底する
●人ごみに行くのは避ける
●規則正しい食事や、睡眠の確保で日常的に体調を整える

妊娠中にインフルエンザにかかってしまったら!? 対処法をチェック

インフルエンザかもしれないと思ったら、まずはかかりつけの産院に連絡を。内科の受診をすすめられたら、必ずマスクを着用し、母子健康手帳を持って、妊娠週数を伝えるようにしましょう。インフルエンザの場合、感染後48時間以内に適切な薬の服用が効果的なので、疑わしい症状が見られたら早めに受診しましょう。

インフルエンザの薬は飲んでも大丈夫?

タミフルやリレンザ、イナビルといったインフルエンザ薬は妊娠中に使用しても安全性が高いといわれてます。薬による副作用よりも、インフルエンザによるリスクのほうが心配です。医師は出ている症状と妊娠週数で処方する薬を決めますから、妊娠初期でも処方薬は安心して使用してください。不安な場合は、漢方薬なども可能かどうか医師に相談してみましょう。市販薬や以前に処方された薬を自己判断で飲むのはやめましょう。

受診後の過ごし方

インフルエンザにかかり、薬を処方してもらったら、用法用量を守って使用し、安静にしましょう。脱水症状が心配なので、経口補水液などで水分補給をして。食事は消化のいいものをとるように心がけてください。

インフルエンザにかかると赤ちゃんに影響はあるの?

インフルエンザにかかっても、ママやおなかの赤ちゃんの命にかかわることはごくまれです。ただし、高熱が続き、細菌やウイルスによる炎症が起きると、子宮収縮を引き起こす物質が分泌されるため、早産の心配が出てきます。おなかの張りが強い場合や、高熱が続く場合は早めに産科に相談しましょう。

妊娠中にインフルエンザにかかったママのエピソード

「妊娠中にインフルエンザA型になりました。妊婦でもタミフルはOKとのことで、1日3回タミフルを飲んでました。普段はインフルエンザなんかにならないのに、やっぱり妊娠中は免疫力が落ちてるんだと思います」
「もうすぐ8カ月の妊婦ですが、私もインフルエンザかかりました。私はイナビル吸入薬を処方されて、薬局で薬をもらうときに使い方を教えてもらうついでにその場で吸入して「治療はこれで終わりです。」といわれ、あとは解熱鎮痛剤のカロナールのみもらって帰りました。予防接種してたからか、熱は1日だけ38.6℃出ましたが、あとは微熱で過ごし、発症から5日目には元気に」
「32週でインフルエンザかかり、タミフルも飲みました。タミフルを飲むリスクより飲まないでインフルエンザが重症化するリスクのほうが高いと言われました。その後産まれた息子は、何事もなくすくすく育ち、現在4歳半です」


うがいや手洗いなど、日ごろから手軽にできることでも、インフルエンザの予防につながります。ほかの妊婦さんや家族に感染を広げないためにも、お互いに予防に努めたいものですね。
(たまごクラブ編集部)

監修者
帝京大学医学部付属病院 産婦人科准教授 笹森幸文先生

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る