1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. ローストビーフは食べてOK? 妊娠中に気をつけたい“生肉系”料理

ローストビーフは食べてOK? 妊娠中に気をつけたい“生肉系”料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a-wrangler/gettyimages

妊娠中にママが食べたものは、おなかの赤ちゃんに影響するので気をつけたいもの。普段なら気にしなくていいものが意外にNGだったりするから、注意が必要です。
とくに気をつけたい食材と、赤ちゃんへの影響について、産婦人科医の笹森幸文先生にうかがいました。

こちらもおすすめ→「気にしすぎ」って言わないで…!【妊娠なめてました日記#2】

ステーキは? 生ハムは? ローストビーフは?

ごちそう系の肉料理には完全に火を通さない、生っぽいものが出されることもありますが、妊娠中は生肉(生ハム、レアステーキ、生っぽいローストビーフなど)ナチュラルチーズ、スモークサーモンには注意が必要です。加熱処理が十分にされていないものは、リステリア菌に感染して食中毒を起こすことがあります。また、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性のあるトキソプラズマに感染する恐れも。妊娠中は生肉ではなく、きちんと火を通したものを食べるようにしましょう。

妊娠中は気をつけたい! トキソプラズマ&リステリア菌

トキソプラズマは、生ハムやレアステーキなどの生肉、猫のふんや土などにもいる原虫の一種。妊娠中にトキソプラズマに感染すると、胎児の発育や脳神経に障害が出るなどの報告があります。
一方のリステリア菌は、生肉や生魚、ナチュラルチーズなどにいる菌で、感染すると食中毒を起こすのですが、重篤な症状になりやすく、妊娠中は流産・早産を引き起こす可能性も。

もちろん、生肉を食べたからといって、必ずこれらに感染するわけではないので、「食べても大丈夫だった」と言う先輩ママもいるでしょう。しかし、万一感染した場合を考えると、そのリスクは大。妊娠中はなるべく生肉は控えることをおすすめします。

関連→妊娠中のコンビニ食、管理栄養士に聞いた「おすすめセット」はこれ!

神経質になりすぎる必要はありませんが、妊娠中は、調理法などに注意したい食材があることも事実。また食品を保存する場合も、冷蔵庫を過信せず、冷凍庫やチルド室で保存したほうが安心です。正しい情報を知り、毎日の生活に生かすことで、おなかの赤ちゃんを守ってあげましょう。(文・たまごクラブ編集部)

■監修:帝京大学医学部附属病院 産婦人科准教授 笹森幸文先生
■参考:初めてのたまごクラブ「妊娠2・3・4カ月やっていいことダメなこと気がかり解消Q&A」

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る