Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 食事
  5. 【医師監修】ローストビーフは食べてOK? 妊娠中に気をつけたい“生肉系”料理

【医師監修】ローストビーフは食べてOK? 妊娠中に気をつけたい“生肉系”料理

a-wrangler/gettyimages

妊娠中にママが食べたものは、おなかの赤ちゃんに影響するので気をつけたいもの。普段なら気にしなくていいものが意外にNGだったりするから、注意が必要です。
とくに気をつけたい食材と、赤ちゃんへの影響について、産婦人科医の笹森幸文先生にうかがいました。

【記事監修】

帝京大学医学部付属病院 産婦人科准教授

笹森幸文 先生

Profile

1987年帝京大学医学部卒業。瀬戸病院付属西所沢クリニック院長を経て、2009年4月帝京大学付属病院へ。「初めての妊娠・出産には不安がつきものですが、女性には産み育てる力が生まれながらに備わっています。自分の体の変化にきちんと向き合い、人生で幾度と味わえないお産をぜひ楽しんでください」

ステーキは? 生ハムは? ローストビーフは?

ごちそう系の肉料理には完全に火を通さない、生っぽいものが出されることもありますが、妊娠中は生肉(生ハム、レアステーキ、生っぽいローストビーフなど)ナチュラルチーズ、スモークサーモンには注意が必要です。加熱処理が十分にされていないものは、リステリア菌に感染して食中毒を起こすことがあります。また、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性のあるトキソプラズマに感染する恐れも。妊娠中は生肉ではなく、きちんと火を通したものを食べるようにしましょう。

妊娠中は気をつけたい! トキソプラズマ&リステリア菌

トキソプラズマは、生ハムやレアステーキなどの生肉、猫のふんや土などにもいる原虫の一種。妊娠中にトキソプラズマに感染すると、胎児の発育や脳神経に障害が出るなどの報告があります。
一方のリステリア菌は、生肉や生魚、ナチュラルチーズなどにいる菌で、感染すると食中毒を起こすのですが、重篤な症状になりやすく、妊娠中は流産・早産を引き起こす可能性も。

もちろん、生肉を食べたからといって、必ずこれらに感染するわけではないので、「食べても大丈夫だった」と言う先輩ママもいるでしょう。しかし、万一感染した場合を考えると、そのリスクは大。妊娠中はなるべく生肉は控えることをおすすめします。

関連→妊娠中のコンビニ食、管理栄養士に聞いた「おすすめセット」はこれ!

神経質になりすぎる必要はありませんが、妊娠中は、調理法などに注意したい食材があることも事実。また食品を保存する場合も、冷蔵庫を過信せず、冷凍庫やチルド室で保存したほうが安心です。正しい情報を知り、毎日の生活に生かすことで、おなかの赤ちゃんを守ってあげましょう。(文・たまごクラブ編集部)

■参考:初めてのたまごクラブ「妊娠2・3・4カ月やっていいことダメなこと気がかり解消Q&A」

初回公開日 2018/05/15

妊娠・出産におススメの本・アプリ

最新! 妊娠・出産新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「今すること」と「注意すること」を徹底解説!陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんのお世話も写真&イラストでわかりやすく紹介します。

Amazonで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。