1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【妊娠37週】赤ちゃんが産まれる兆候のような恥骨・腰痛が。この状態でウォーキングを続けてもいい?【専門家Q&A】

【妊娠37週】赤ちゃんが産まれる兆候のような恥骨・腰痛が。この状態でウォーキングを続けてもいい?【専門家Q&A】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Zinkevych/gettyimages

たまひよプレミアムの人気コーナー「専門家Q&A」から「赤ちゃんが産まれる兆候のような恥骨・腰痛が。この状態でウォーキングを続けてもいい?」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

関連:専門家回答のQ&Aが約6000件!たまひよプレミアム

【質問】赤ちゃんが産まれる兆候のような恥骨・腰痛が。この状態でウォーキングを続けてもいい?

現在37週の初産婦です。
正産期に入り、何日か前から恥骨と腰の痛みが増し、おりものも増えてきました。これは生まれる前兆なのでしょうか?
初めてということもあり、いつどこで陣痛、破水があるかわからないので不安です。
毎日ウォーキングするよう心がけていますが、ウォーキングするとおなかの張りや恥骨の痛みが出てきます。
正産期に突入しているので、多少おなかが張ってもウォーキングは続けて大丈夫でしょうか?

【妊娠後期】ズキンとくる恥骨・おしりの痛みはなぜ起こる?産婦人科医Q&A

【専門家の回答】古谷真紀先生(助産師)

37週突入おめでとうございます。いよいよ出産が近づいてきて、ちょっとした体の変化にドキドキされていると思います。
恥骨や腰が痛くなる、おりものが増える、ウォーキングするとおなかが張るなど、どれもお産に向けて体が準備をしている症状で自然なことです。出産の開始は規則的なおなかの張り、破水、おしるしが目安となります。おなかが張っても、休憩して落ち着いたり消失するような場合は、まだ産むための陣痛の始まりではありません。
初産婦さんは経産婦さんに比べて赤ちゃんが骨盤の中に下がってくるタイミングが早いので、恥骨が圧迫されて痛みが出やすいのですが、恥骨の痛みが強いなら歩く時間や距離を縮める、普段の生活で両ひざをそろえて動作するように心がけることをおすすめします。
多少おなかが張っても、ウォーキングは無理のない程度に続けてかまいません。
出産直前までできる限り体を動かしていることは、お産をスムーズに進めるためにも大切なことですね。安産をお祈りしています。

[妊娠37週の口コミ]陣痛への備え・・・病院への移動と親への連絡

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/