1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【妊娠16週】元々あった静脈瘤がどんどん広がって悪化している、対処法は?【専門家Q&A】

【妊娠16週】元々あった静脈瘤がどんどん広がって悪化している、対処法は?【専門家Q&A】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Milkos/gettyimages

たまひよプレミアムの人気コーナー「専門家Q&A」から「くるぶしの静脈瘤(じょうみゃくりゅう)が悪化」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

関連:専門家回答のQ&Aが約6000件!たまひよプレミアム

【質問】くるぶしの静脈瘤(じょうみゃくりゅう)が悪化

16週目の初産婦です。立ち仕事で、3年前に左足内くるぶしに静脈瘤(じょうみゃくりゅう)ができました。
しばらく変化はなかったのですが、妊娠してから広がり始めました。寝起きに足首が痛くなることがあり、ひどいときは歩くのもつらいほどです。
寝るときは着圧ソックスをはいたり、足元を高くしていますが、悪化するばかりです。どうしたらよいですか?

妊娠中のむくみ・静脈瘤・足のつり…原因と対処法を産婦人科医が解説

【専門家の回答】古谷真紀先生(助産師)

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)が変化し始めて気にされているのですね。
基本的には、血液の巡りを妨げないように締め付けるタイプの下着や服は着ない、足先の冷えを予防するために靴下(5本指タイプがおすすめ)をはく、散歩など軽い運動を習慣にすることをおすすめします。
通常、産後には症状が和らぐため、このまま様子を見ることが多いのですが、妊娠前からの静脈瘤のため、産後の生活にも多少影響するかもしれません。毎回の健診で担当の医師や助産師に継続して診てもらっておくとよいでしょう。
また、着圧ソックスは圧力によって血液やリンパの流れを促しますが、その働きを担う足の筋肉を衰えさせないために、寝るときではなく、日中動き回る間に使用することをおすすめします。
医療用の着圧ソックスやストッキングもあるので、健診のときに医師や助産師に相談してみてください。

[妊娠16週の口コミ]友人への妊娠報告と安定期の食事や旅行


■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事