1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 命を預かる恐怖[ハハになった日 #9]

命を預かる恐怖[ハハになった日 #9]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0歳の息子のお母さんをしています、わぐりです。「ハハのつぶやき」という子育てイラストをTwitterInstagramで描いています。
2年の不妊治療を経て子どもを授かり(連載「モヤサバ妊活」)、たくさんの発見があった妊娠期(連載「妊婦のハッケン」)を過ごした私も、いよいよ出産!産む前は、出産そのものに気をとられがちですが、その直後の新生児育児こそ、壮絶な日々。この連載「ハハになった日」では、自分の出産・産後体験をベースに、出産前の自分に伝えたいことを紹介していきます。

命を預かる恐怖[ハハになった日 #9]

退院前に、沐浴練習がありました。息子の首を支える左手がプルプルしてしまって、「左手がつらい!でも、この左手を離したら、息子が死んじゃう・・・!」と思って、すごく怖い気持ちになりました。

私の産院のベビーベッドには、呼吸センサーが仕込まれていました。赤ちゃんの呼吸が感知されなくなったら、音がなり、助産師さんにも知らせが行くようになっていました。入院中は、抱っこする時にスイッチを切るのをしょっちゅう忘れてしまって、大変でしたが・・・

家に帰ると、そんなセンサーも、サポート体制もありません。ぐっすり寝ていると、ついつい心配になってしまい、呼吸をチェックしに行く日々でした。

本当に、産後の新生児期は、子どもを生かすことに、死に物狂いでした。授乳やミルクの後にはゲップをさせないと、吐き戻して詰まってしまうかも。体重をきちんと増加させないといけない。呼吸はちゃんとしてる?事故防止、消毒しなきゃ・・・などなど。出産を経て、お腹の中で命を育む重責(「妊婦のハッケン」第1話参照)からは解放されましたが、今度はお腹の外で、命を預かる重責がのしかかったのです。
思い返すと、本当に、気が張りつめていたなと思います。もちろん、気を抜くことはできませんが、もう少し力を抜いてもよかったのかも?

出産前の私に伝えたいです。「命を預かる恐怖は続く・・・。力を抜いて乗り切ろう!」
と・・・。

[わぐり]
2018年4月に息子を出産した34歳。
「ハハのつぶやき」Twitter(@ninputweet)Instagram(@ninputweet)で、妊娠中から現在の育児中までのイラストを、ほぼ毎日更新しています。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事