1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【妊娠37週】おりもの検査で「溶連菌」に感染していると診断、赤ちゃんは大丈夫?【専門家Q&A】

【妊娠37週】おりもの検査で「溶連菌」に感染していると診断、赤ちゃんは大丈夫?【専門家Q&A】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
産婦人科診療イメージ
maroke/gettyimages

たまひよプレミアムの人気コーナー「専門家Q&A」から「おりもの検査で「溶連菌」に感染していると診断、赤ちゃんは大丈夫?」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

専門家回答のQ&Aが約6000件!たまひよプレミアム

【質問】おりもの検査で「溶連菌」に感染していると診断、赤ちゃんは大丈夫?

妊娠37週の4人目妊婦です。
おりもの検査で「溶連菌に感染している」と言われたのですが、どういう病気ですか?
おなかの赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか?
先生からは抗生物質を点滴するから大丈夫、といわれたのですが…。

赤ちゃんへの感染が心配な常在菌[カンジダ菌・B群溶連菌]とは?産婦人科医が解説

【専門家の回答】牧野郁子先生(東京女子医科大学産婦人科学教室 非常勤講師)

B群溶血性連鎖球菌は腟の中に存在する常在菌で5~10人に1人は保有しているといわれています。もう37週の正期産の時期に来ているので、おなかの赤ちゃんには問題ありません。
溶連菌が陽性の人の100人に1人は、出産時に産道で新生児感染症(肺炎やずいまく炎など)が起こりますが、それを予防するために、分娩時や破水時に抗生剤を使用します。
まず心配しなくても大丈夫ですよ。

[妊娠37週の口コミ]陣痛への備え・・・病院への移動と親への連絡


■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/