1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【妊娠21週】魚に含まれる水銀が心配、キンメダイやマグロはどのくらい食べていい?【専門家Q&A】

【妊娠21週】魚に含まれる水銀が心配、キンメダイやマグロはどのくらい食べていい?【専門家Q&A】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マグロの刺身
ahirao_photo/gettyimages

たまひよプレミアムの人気コーナー「専門家Q&A」から「魚に含まれる水銀が心配、キンメダイやマグロはどのくらい食べていい?」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

関連:専門家回答のQ&Aが約6000件!たまひよプレミアム

【質問】魚に含まれる水銀が心配、キンメダイやマグロはどのくらい食べていい?

妊娠21週ですが、魚料理が好きです。
キンメダイやマグロなどには水銀が含まれているので、妊娠中は控えたほうがいいと聞きました。
どの程度ならOKという目安はありますか?

妊娠中にファストフードはNG?注意が必要な食品16項目★産婦人科医がアドバイス

【専門家の回答】佐藤真之介先生(祐天寺ウィメンズヘルスクリニック院長)

魚は良質なタンパク源。妊娠中でもぜひ食べてもらいたいです。
ただ、注意する必要はあります。普段の魚料理で体に摂取される水銀は、健康に影響を与えない程度の量ですし、徐々に排出もされるため問題がありません。ところがおなかの赤ちゃんは排泄ができないため水銀が蓄積され、一定量以上になると胎児の中枢神経に影響が出る可能性が指摘されているのです。
厚生労働省により注意が必要とされている魚で、一般的によく食べられている魚の摂取の目安量は、キンメダイ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロは1週間に80g(およそ一切れ)。キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ(インドマグロ)は1週間に2切れです。

[妊娠21週の口コミ]知っておきたい! 出産にかかる費用のこと


■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/