SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 食事
  5. 【妊娠15週】ビタミンAのとりすぎは胎児に影響する?【専門家Q&A】

【妊娠15週】ビタミンAのとりすぎは胎児に影響する?【専門家Q&A】

更新

女性のサラダを食べ
violet-blue/gettyimages

「ビタミンAのとりすぎは胎児に影響する?」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

【質問】ビタミンAのとりすぎは胎児に影響する?

妊娠15週です。つわりがおさまり、食事をとれるようになったのですが、栄養を補う為、葉酸サプリとペプチドミルクという飲み物を飲んでました。
しかし最近ペプチドミルクにビタミンA122ugREが入っていることがわかり、ビタミンAをとりすぎてないか心配になりました。
よくないと言われているレバーなどは食べていないのですが、野菜はたくさんとっていました。胎児に影響はないでしょうか?

妊娠中の食事 知っておくべき注意点と食べ方のコツ

【専門家の回答】中嶋世津子先生(助産師)

妊婦のビタミンAの所要量は600μg、許容上限は1500μgとされています。摂取量が基準値を超えていなければ過剰摂取にはなりません。
また、野菜の植物性ビタミンA(βカロテン)は、吸収率が低く、余分なものは排出されるので心配ないですよ。
つわりが落ち着けば食事も楽しめるようになりますね。食材を選んで、調理して味わって食べることで、栄養を身体に取り入れていきたいですね。

[妊娠15週の口コミ]もうすぐ安定期!戌の日参りと体重管理のコツ

■おすすめ記事
お子様の月齢に合わせた遊びをセットでお届け。0歳むけ<こどもちゃれんじ>

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。