1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. バースプランでの盲点!出産で唯一後悔したこと[噛みしめ育児スルメ日記#40]

バースプランでの盲点!出産で唯一後悔したこと[噛みしめ育児スルメ日記#40]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。3歳と6歳、2人の男子を育てている今じんこです。

後悔のないお産になるよう、どのようなお産にしたいかを具体的に書くバースプラン。
私は初めてのお産のとき、出産の流れのイメージがつかめてなかったため、バースプランに書かずに後悔したことがひとつあります…!

「噛みしめ育児スルメ日記」今までのお話はこちら

バースプランにどんなことを書いたらいいか具体例をネットで調べてみたのですが、「最初の抱っこは誰がするか」というのは目にしていませんでした…!

妊娠中も陣痛中も寄り添ってくれた夫にはとても感謝しているし、赤ちゃんを抱っこして夫も嬉しそうで良かったのですが、じわじわとモヤモヤ感が…。
「こんな事にこだわるのも変なのかな…」という気持ちもありましたが、全力で出産をやり遂げたあとなので余計に「頑張って産んだのは私なのにー!」という気持ちが出たのだと思います。最初の抱っこをめぐりこんな気持ちになるとは予想外でした!


「バースプランにちゃんと書いておけばよかった…」とこの時に後悔したので、第二子の時はしっかり書きました!
おかげで2回目のお産は最初に赤ちゃんを抱っこすることができて、後悔が残りませんでした。

私とは違い、夫や両親に最初に抱っこさせたいという方もいるようです!

最初の抱っこのタイミングは一回きりだし、もし誰が最初に抱っこするかの希望があれば、バースプランに書いておくことをオススメします!

関連記事:産褥期はいつまで?夫についた嘘[噛みしめ育児スルメ日記#13]

【今じんこ】 2013年うまれの長男、2015年年うまれの次男を子育て中。 フリーのグラフィックデザイナーで夫はコーヒー豆屋。 インスタグラム(@imagineko)で絵日記描いてます。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/