Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. 【妊娠36週】前置胎盤で入院し費用が心配。助成制度は?【専門家Q&A】

【妊娠36週】前置胎盤で入院し費用が心配。助成制度は?【専門家Q&A】

患者の心配に落ちた
vichie81/gettyimages

たまひよプレミアムの人気コーナー「専門家Q&A」から「前置胎盤で入院し費用が・・・助成制度は?」というお悩みについての質問に対する専門家の回答をご紹介します。

関連:専門家回答のQ&Aが約6000件!たまひよプレミアム

【質問】前置胎盤で入院し費用が・・・助成制度は?

前置胎盤と診断され、妊娠9ヶ月から入院しています。
入院費がかなりかかりそうで払えるかどうか心配です。助成制度などありましたら教えてください。
立て替えるのも苦しいので、あまり払わなくてもすむ方法はありますか?

赤ちゃんが生まれたら税金ってどうなるの? 扶養控除ってなんだっけ?

【専門家の回答】畠中雅子先生(ファイナンシャル・プランナー)

前置胎盤で、安静が必要と診断されて入院しているのであれば、医療費は高額療養費の対象になります。高額療養費とは、ひと月に決められた金額を超えると、超えた分は健康保険制度から払い戻してもらえる制度です。

「健康保険限度額適用認定証(以下、認定証)」を発行してもらえば、高額な医療費を立て替える必要はなく、最終的な負担分だけの支払いですみます。入院の途中でも、認定証を発行してもらいましょう。
その後、帝王切開での出産になるなど、医療措置が必要になった場合は健康保険の対象になります。健康保険の対象になると、医療費に関しては、普通分娩よりも安くすみます。

なお高額療養費は、1日から月末までの単位で計算します。入院から出産まで、月をまたいで2か月かかったとすると、2ヶ月分の自己負担額を支払います。
一般的な収入の場合、「ひと月の自己負担額は8万円台+健康保険の対象外の費用」×2ヶ月分になります。

[妊娠36週の口コミ]入院時の服装・部屋タイプ・謝礼・・・入院時の備え

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。