Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. つわり
  5. 第一子妊娠中・菊地亜美 コロナ禍で安産祈願も行けず… 出産にむけて前向きに「自主トレ」中の日々

第一子妊娠中・菊地亜美 コロナ禍で安産祈願も行けず… 出産にむけて前向きに「自主トレ」中の日々

菊地亜美さん たまごクラブ2020年9月号インタビュー


明るく親しみやすいキャラクターから人気を集める、タレント・菊地亜美さん。新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛中だった妊娠生活や、初めての出産への意気込みについて、お話を聞きました。

おうち時間が増えたから、じっくり育児グッズの情報収集ができました

妊娠初期は、食べづわりに悩まされました。それが落ち着いたと思ったら、妊娠8カ月の今まで、ずーっと逆流性食道炎が続いています。そのため食事は、少量を小まめにとるように。あと、水も一気に飲むと気持ち悪くなってしまうので、ちょくちょく小まめに飲むように心がけています。

安定期に入ったころが、ちょうど外出自粛期間の真っただ中で、本当は、マタニティスイミングや安産祈願をしたかったんですが、それもできず…。けれどその分、夫と、じっくり育児グッズを吟味して、用意することができましたね。つい先日、肌着の水通しもやりました。

夫は、私の妊娠前までは、どちらかというと子どもが苦手というか、どう接していいかよくわからなかったみたい。それが今では、まわりの友人のお子さんが気になるみたいで、話を積極的に聞いたり、抱っこしたりしてますよ。その変化に驚きましたが、うれしいです。

毎日、2人で、おなかの子に話しかけたり、自作の変な歌を歌ったりして過ごしています。どんな歌か? こればっかりは、恥ずかしくて、だれにも見せられない(笑)!

お産に向けて、メンタルトレーニングといきみ逃しの自主トレ中!

出産に対して、怖さや不安はあります。でもそれ以上に、陣痛について、想像がつかないからこそ興味がありますね。だから、自然分娩を希望しています。

今は、長時間がかかったお産や壮絶な体験談を聞いて、あらゆる状況に備えて、心の準備中。バースプランには、「助産師さんや先生には、“大丈夫!”という励ましよりも、具体的なアドバイスがほしい。厳しめでOK」と記入しちゃいました。

ここだけの話ですが、“いきみ逃し”の練習を兼ねて、毎日、便意をコントロールしているんです。この自主トレ成果については…、出産後、報告しますね(笑)。

写真/藤原 宏(Pygmy Company) 文/たまごクラブ編集部
参考/「たまごクラブ」2020年9月号「カバーインタビュー」

妊娠が判明してすぐに『たまごクラブ』を購入して、熟読したという菊地さん。取材撮影中も、スタッフに出産の体験談や育児について、熱心に質問されている姿が印象的でした。


菊地亜美さん
Profile
1990年生まれ、北海道出身。アイドルグループ“アイドリング!!!”の元メンバー。明るいキャラクター、プロ意識の高さから、バラエティータレントとして人気を集める。2018年に結婚。自身のYouTubeチャンネル「あみちゃんねる」は、メイクや料理など自然体な姿を発信している、人気コンテンツ。

2020年9月号たまごクラブ

たまごクラブ表紙に登場した菊地亜美さん。明るくさわやかな笑顔にスタッフ一同ほっこりしました。

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。