Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. こんな出産あり!?ママたちの出産“珍”エピソード集

こんな出産あり!?ママたちの出産“珍”エピソード集

iStock.com/alice-photo
※画像はイメージです

●11月3日は、「11(いい)」「03(おさん)」の日

11と03で、「11(いい)」「03(おさん)」ということで、11月3日は「いいお産の日」。
出産について多くの人たちに知ってもらい、お産の状況をより良いものにしていこうと、有志の母親と医療関係者の協力のもと1994年にイベントが開催されたのが始まりとのこと。
いいお産をして、赤ちゃんの誕生を喜び、健康に育てられることを目標に、全国各地で様々なイベントが開催されています。

出産の珍事件、ありますか?

お産は、女性にとって人生最大の大仕事。
初めての経験に戸惑い、ときに予想外の出来事が起きたりと、忘れられない一日となることでしょう。
口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちにも、さまざまな忘れられない“珍”エピソードが…。

「二回とも出てしまいました、大きい“アレ”が…。先生の目の前でにょりっ…。それ以来、何か恥ずかしいことがあっても、あの事を思い出すとたいしたことないと思って耐えられます」

「『うん○に行きたい』と看護師さんに訴えたのに、『赤ちゃんが下りてくると、そういう感じなのよ~』と言われました。でも、違った…。緩めで量多め。看護師さん『もう紙がない!!』と、焦ってました。ほら、言ったのにぃ~」

イキんで“違うモノ”が出てきちゃう件、出産あるあるですよね。

「陣痛を強めるために乳首を刺激することがあるようで、助産師さんが手一杯だったので、自分で乳首を摘むように指示されました。『イキんでー! 乳首摘んでー!』。立会いは夫と実母。自分で乳首をつまみながらの出産は、かなりシュールな光景でした(泣)」


初めての出産は、予想以上の痛みで何が何だかわからないまま終わってしまうものですが、二人目、三人目ともなるとママにも余裕が出てきます。

「分娩台で『自分のおまたから出てくる姿を見てみたい』とふと思い、手鏡を助産師さんに持ってもらい『ここですか?』『いや、もうちょっと下』と角度調整。最後は、自分で鏡を持って見てみたんですが、お腹が邪魔してよく見えない。もっと大きな鏡にすればよかったわ」

「分娩室へ移動するとき、昼食のカレーの匂い。陣痛で食事もできずすでにお腹ぺこぺこ。思わず『私の分のカレー取っておいて~!』と叫びながら分娩室へ。無事出産を終え、抱っこもろくにしないまま助産師さんが『はい、さっきのカレー』と、渡してくれました。もちろん、そのまま分娩台の上で頂きました」


あれこれ珍エピソードはあるものの、無事に産まれてきてくれたようで何よりです。子どもが大きくなったときに、ぜひ笑い話として聞かせてあげてください。
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。
※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。