1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(28週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(28週)

赤ちゃんを迎える準備をしよう

赤ちゃんは羊水を飲み込みながら、呼吸のような運動をしています。

聴覚が発達しているので、夫婦でどんどん語りかけましょう。ママのおなかは、さらに大きく重くなってきます。

いよいよ妊娠後期のスタートです 

妊娠28週になりましたね。いよいよ妊娠後期のスタート、妊娠8カ月の1週目です。 妊娠8カ月に入ると、おなかの中で赤ちゃんがどんな姿勢でいるのか、ママ自身にも比較的わかるようになります。 子宮の上のほうは、おへそとみぞおちの中間くらいまで上がります。おなかがせり出してくると、足元がより確認しづらくなってくるので、とくに段差のある場所の上り下りをするときは、足元をよく見ながら慎重に行動するようにしましょう。 手足がむくんできていませんか? 妊娠後期に差しかかると、下大静脈が子宮に押されるため、血流が滞り、手足がむくんできたり、静脈瘤ができやすくなったりします。とくに、妊娠中は血液が薄まって循環量が増えるので、体の水分量が増加します。そのため、むくみに悩まされるママは少なくありません。夜、むくみに気づいても、翌朝元に戻っている程度の症状なら、生理的な範囲内なので心配はいりません。

妊娠中は、ホルモンの状態が変わるため、おりものの量が増えることも。これからお産が近づくにつれて、またいっそう増えやすくなります。においや色、状態などにいつもと違う変化が見られたら、健診時に必ず伝えましょう。 たまに、おなかが張ってくることはありますか? 妊娠後期に入ると、生理的におなかが張りやすくなり、回数も少しずつ増えていきます。体を動かした直後などに急におなかが張ってきても、しばらく静かに休んでいれば治まる程度なら、まず問題はないでしょう。

誕生後に備えて、肺呼吸の練習を始めます

おなかの赤ちゃんの成長【28~31週ごろ】

●心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が充実してきます。

●聴覚がほぼ完成します。

●骨髄の働きもほぼ完全になります。

●誕生に備えて、横隔膜を上下させ呼吸に似た動き(呼吸様運動)をし始めます。

●体が大きくなるため、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に、大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。

赤ちゃんは横隔膜を上下させる呼吸様運動をし始めます。これは外界に出たときの呼吸の動きに似ています。聴覚がほぼ完成し、赤ちゃんへ語りかけるチャンスです。体も成長し、たて向きに位置するでしょう。

このころの超音波写真

羊水量はこのころピークになります

目鼻立ちがはっきりして表情も出てきます。胎盤の位置や状態、子宮口、羊水量もチェック。胎盤が子宮口にかかる前置胎盤の診断は28週以降にされます。羊水量はピークになります。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る