1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(29週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(29週)

後期の不快症状を乗りきろう

赤ちゃんは羊水を飲み込みながら、呼吸のような運動をしています。

聴覚が発達しているので、夫婦でどんどん語りかけましょう。ママのおなかは、さらに大きく重くなってきます。

妊娠後期に入り、お産が近づくと、おりものが増えていくことも

妊娠29週になりましたね。妊娠8カ月の2週目です。 妊娠8カ月ともなると、おなかの中で赤ちゃんがどういう向きでいるのか、ママ自身にもわかるようになります。 妊娠中は、ホルモンの変化に伴い、おりものの量が増えやすくなります。後期に入りお産が近づくと、再度増えやすくなることも。量が増えること以外で、においや色などに普段と違う変化が現れたら、産院で相談しましょう。 子宮のてっぺん(子宮底)は、おへそとみぞおちの間くらいまで達します。せり出したおなかのせいで足元がさらに見えづらくなってくるので、とくに段差のある場所を歩くときは、足元を確認しながらゆっくり行動するようにしましょう。

そろそろ手足がむくんできていませんか? 妊娠後期に入ると、下大静脈が子宮に圧迫されて血流が悪くなり、手足がむくみやすくなったり、静脈瘤ができてしまったりすることがあります。とくに、妊娠中は体内の水分量がどんどん増えていくので、むくみが見られるママは多いでしょう。夕方から夜にかけてむくみが生じても、朝起きたら治まっている程度なら、生理的な範囲内の症状なのでまず大丈夫です。 時々、おなかが張ってくるようになりましたか? 妊娠後期は、生理的におなかが張りやすくなり、回数も徐々に増えていきます。歩いたり動き回ったりして、突然おなかが張ってきても、しばらく安静にして症状が落ち着いてくるようなら、まず心配はないでしょう。

誕生後に備えて、肺呼吸の練習を始めます

おなかの赤ちゃんの成長【28~31週ごろ】

●心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が充実してきます。

●聴覚がほぼ完成します。

●骨髄の働きもほぼ完全になります。

●誕生に備えて、横隔膜を上下させ呼吸に似た動き(呼吸様運動)をし始めます。

●体が大きくなるため、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に、大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。

赤ちゃんは横隔膜を上下させる呼吸様運動をし始めます。これは外界に出たときの呼吸の動きに似ています。聴覚がほぼ完成し、赤ちゃんへ語りかけるチャンスです。体も成長し、たて向きに位置するでしょう。

このころの超音波写真

心臓の弁や心拍数なども確認されます

赤ちゃんの胸あたりの断面で、心臓の中に左右の心室と心房が見えます。手前にあるのは、左右の肺。心臓の各部屋の大きさ、弁の動き、心拍数なども超音波でチェックされます。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る