1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(30週)
  5. カラダの変化と赤ちゃんの成長

妊娠後期(30週)

おなかはますます重くなります

赤ちゃんは羊水を飲み込みながら、呼吸のような運動をしています。

聴覚が発達しているので、夫婦でどんどん語りかけましょう。ママのおなかは、さらに大きく重くなってきます。

手足がむくみやすくなり、静脈瘤ができることも

妊娠30週になりましたね。妊娠8カ月の3週目です。 妊娠8カ月以降は、おなかの中で赤ちゃんがどんな姿勢でいるのか、ママ自身にも結構わかるようになります。 手足にむくみは出ていませんか? 妊娠後期になると、大きな子宮に下大静脈が押されるため、血液の巡りが悪くなり、手足がむくんできたり、静脈瘤ができやすくなったりします。とくに、妊娠中は血液が薄まって循環量が増えるので、体の水分量が増加します。そのため、むくみが出るママは非常に多くなります。夕方以降にむくみが起きても、翌朝引いている程度の症状なら、生理的な範囲内なので心配はいりません。

子宮のてっぺん(子宮底)は、おへそとみぞおちの中間くらいまで上がります。おなかがグンとせり出してくると、足元が結構見えづらくなってくるので、とくに段差のある場所の上り下りをするときは、足元をチェックしながら慎重に行動するようにしましょう。 また妊娠中は、ホルモン状態の変化の影響で、おりものの量が増えることも。これからお産が近づくにつれて、再び増加しやすくなります。においや色、状態などにいつもと違う変化が見られたら、担当医に相談を。 妊娠30週を過ぎると、生理的なおなかの張りが頻繁に起こりやすくなります。安静にして様子を見ていても、規則的な張りが続いてなかなか治まらないときや、痛みや出血などの症状が見られる場合は、切迫早産の兆候の可能性があるため、早急に産院に連絡しましょう。

誕生後に備えて、肺呼吸の練習を始めます

おなかの赤ちゃんの成長【28~31週ごろ】

●心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が充実してきます。

●聴覚がほぼ完成します。

●骨髄の働きもほぼ完全になります。

●誕生に備えて、横隔膜を上下させ呼吸に似た動き(呼吸様運動)をし始めます。

●体が大きくなるため、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に、大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。

赤ちゃんは横隔膜を上下させる呼吸様運動をし始めます。これは外界に出たときの呼吸の動きに似ています。聴覚がほぼ完成し、赤ちゃんへ語りかけるチャンスです。体も成長し、たて向きに位置するでしょう。

このころの超音波写真

発育での個人差が目立ってきます

超音波画面には体の部位のアップしか写りませんが、赤ちゃんはゆったりと体を動かしているでしょう。大きめ赤ちゃん、小さめ赤ちゃんといった発育の個人差が目立ってきます。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る